実はダメージ大!カミソリ負けをしない髭剃りの方法




男性は頻繁に髭を剃らなければならない人が多く、特に生えるのが早い人や濃い人などは、一種の悩みと化している。

そのため、脱毛を行う人も多く、いかに悩んでいる人が多いのかを伺い知ることができる。

そんな髭の悩みの一つとして、カミソリ負けによる肌荒れが挙げられる。

人によってはほぼ毎日のように剃らなければならない人や、頻繁に沿っているわけではないのにも関わらず、肌が弱いために荒れやすい人など、悩んでいる人は多い。

そこで、少しでもカミソリ負けを引き起こさないために気を付けるべきことや、スキンケアの方法について理解しておくことが大切だ。



カミソリ負けを引き起こさないためのポイント

一番基本となるのが、髭剃り前に髭を柔らかくして剃りやすくしておくことだ。

髭の硬さは同じ太さの銅線に匹敵するともいわれ、いかに硬くて剃りにくいのかが分かる。

そのため、専用のジェルやクリームなどはたっぷりと使い、髭の根本まで柔らかくすることを心掛けるべきだ。

HANDSUM+では、おすすめのシェービングフォームやジェルをご紹介しているので、ご参照いただきたい。

また、最もやってはならない剃り方は、最初からいきなり逆剃りすることである。

「逆」とは、顎の方から顔にかけて、要は下から上にカミソリをすべらせることであり、これは非常に肌に対する負担が大きくなる。

まずは順剃り(顔の方から顎にかけて、上から下へ)を心掛けるようにし、剃り残したものを剃るときや、綺麗に根本から深剃りしたいときなどのみに逆剃りするようにすべきだ。


スキンケア方法

髭を剃った直後というのは、一番肌が荒れている状態だ。

要は、カミソリで肌の表面も一緒に削っている感覚なので、これを放置しておくと肌が荒れるのは当然である。

そのため、酷く出血などしていない限りは、速やかに洗顔料で顔を洗うようにし、雑菌の繁殖や炎症の抑制に努めるべきだ。

その後、髭剃りによるダメージと洗顔という2つの行為により酷く乾燥しているので、化粧水や乳液で保湿することも忘れてはいけない。

HANDSUM+では化粧水や乳液の違いや使い方についても解説しているので、ご参考いただきたい。

また、髭剃り後におすすめの化粧水もご紹介しているので、ご参考いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です