髭剃り

あなたは大丈夫!?髭を剃る適切な頻度とは

  1. HOME >
  2. 美容 >
  3. スキンケア >
  4. 髭剃り >

あなたは大丈夫!?髭を剃る適切な頻度とは

本記事では、髭を剃る適切な頻度をご紹介する。

男性の皆さんは適切な頻度で髭を剃ることができているだろうか。

身だしなみを考える場合、男性の場合は、女性に比べても髪の毛以外に髭のことも考えなければならない。

特に、セールスマンなどスーツを着こなしている人は、髭が生えているだけで悪い印象を残してしまう可能性がある。

そのため、毎日のように剃る人もいるが、可能な限り周囲の方が不快に思わない程度に剃るのが基本となっているだろう。

ただ、人によってはなかなか剃らずに伸ばしている人もいる。

では、一体どのような頻度が正しいと言えるのだろうか。

実は、あまり知られていませんが正しい頻度と呼ばれるものも存在している。

本記事では、そんな髭を剃る適切な頻度をご紹介する。



正しい頻度

1. 基本は1日1回

まず、基本的には1日1回を心掛けるようにしていただきたい。

特に剃る時間帯は決まっていないが、おおむね時間帯も2種類に分かれている。

それは、朝出勤前に剃るパターンとお風呂に入っているときに行うパターンだ。

朝の出勤前は、一番髭が短い状態で出勤することができるため、不快感を与えることはないだろう。

そのような意味においては、朝起きて歯を磨いた時に剃刀を入れるのは正しいやり方とも言える。

ただ、そこまで濃くない人は、無理して朝行う必要はない。

どのようなタイミングで剃るのが良いと言えば、お風呂に入っている時でも良いと言える。

お風呂に入っているときは、肌が柔らかくなっている。

柔らかくなっている時はひげそり負けをしにくいといった特徴があることを理解している人は多いはずだ。

肌の弱い人であればなおさら、無理して朝剃るよりもお風呂に入っている段階で剃ってしまった方が傷をつけにくくなる。

2. 肌があれやすい人は2~3日に1回

では、ひげが薄くて荒れやすい人の場合はどうしたら良いだろうか。

荒れやすい人は、剃るたびに肌が赤くなってしまったり、血が出るようなことも少なくない。

この場合には、伸びたときに行うのも一つの方法になる。

その頻度は人によって異なるが、2~3日に1回でも構わない。



効果的に髭を剃る方法

1. 助言者を見つけよう

ただ、伸びた時といっても周りにどのように思われているかも気になるところだ。

そこで、一人ぐらいは助言者をつけておくことが大事だ。

助言者といってもあまり自分と関係が深くない人よりも、関係が深い下の方が良いかもしれない。

なぜなら、関係が深い人の方が的確にアドバイスをしてくれるからだ。

せっかく良い頻度で髭剃りをしたとしても、綺麗に剃れていなければあまり意味がない。

2. 肌への負担を低減しよう

そこで、きれいに剃るためのコツだが、まず髭の流れに沿って行うことが重要になる。

特に、肌が弱い人は毛の向きに剃ることで肌の負担を減らすことが可能になるだろう。

また、電気カミソリを使う場合、通常のカミソリよりも剃り残しが多くなる可能性がある。

この場合でもある程度肌に押し付けても良いが、あまり何度も押し付けると血が出てしまう可能性がありますため注意しなければならない。

あとはその肌質によって頻度を変えていくことを心がけていただきたい。

なお、HANDSUM+では、おすすめのシェービングフォームやジェルをご紹介しているので、あわせてご覧いただきたい。

メンズにおすすめのシェービングフォーム・ジェル7選

紳士におすすめ!高級シェービングクリーム・ジェル7選



-髭剃り
-

Copyright© HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。 , 2020 All Rights Reserved.