女性に嫌われる男性からのLINEのポイント3選




コミュニケーション好きな女性にとって、電話やメールは大好物。

とくに気軽に連絡を取り合えるLINEは、現代の女性にとって年代問わず必需品となってる。

当然片思いの女性にアプローチするにも、LINEは効果的なツールだ。

ところが一歩間違えるとLINEしたことで嫌われてしまうこともある。どのような使い方を女性が嫌がるのか、ポイントを見ていこう。

1. 疑問/質問ばかりのヤツ

まず一つ目のNGは、「疑問質問ばかりのメッセージ」だ。

気軽に送れるうえ、気になる女性のことが知りたいのはやまやまだが、「好きな人いるの?」「どこ出身?」など、相手にしてみれば尋問されているようで気分が悪いもの。

聞きたいことがあれば一つか二つに絞って聞くようにしよう。

また、相手から返信がないのに、追撃LINEを送ってしまうのも原則NGだ。

女性からしたら、好きでもない人間から大量のメッセージがくるのは気持ちが悪いし、多少気持ちがあったとしても冷めてしまうきっかけになりかねない。



2. 夜中に送ってくるヤツ

次に、送る時間帯にも注意が必要だ。

深夜にLINEを送ってくる男性がいるようだが、バイブ通知設定をしている女性からは睡眠妨害と捉えられかねない。

また、既読放置は気が引けるという女性にとっては、たまたまLINEを見てしまった場合、眠い目をこすりながら返信をすることになってしまうだろう。

相手に負担をかけない、配慮のあるメッセージの送り方が必要だ。

3. 何でもかんでもLINEなヤツ

最後に、デートに誘う場合や告白する場合は、電話や直接の会話を使っていくべきだ。

便利だからと言ってすべての連絡をLINE上で済ませていると、相手との微妙な温度差などが読みづらくなってしまい、嫌がっていることに気づきにくくなる。

直接のコミュニケーションもとりつつ、うまくLINEを活用しよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です