筋トレは食事から!筋トレ効果を最大化する食事メニューとは




本記事では、筋トレ効果を最大化する食事メニューをご紹介する。

自宅で自分自身の体重を用いたトレーニングはもちろん、ジムで専用のトレーニングマシンを使用して筋トレに励んでいるのにも関わらず、理想的な様子で筋肉が肥大化しないという悩みを抱えている方は日々の食事が影響していると言われている。

人体に存在している筋組織が肥大化するメカニズムは、トレーニングであえて筋組織にダメージを与えた後回復するという事が繰り返し行われることであるが、回復の段階で体内に十分な栄養素が確保できていなければ回復が不十分になり肥大化には繋げられない。

そこで、筋トレをする際にはたんぱく質と脂質、炭水化物といった三大栄養素を欠かさない事を意識して、食材選びや献立を組み立てていくようにしていただきたい。

たんぱく質

たんぱく質というのは、筋組織の根本的な材料になる非常に重要性が高い栄養であり、1日の中でいかに多く体内に摂取できるのかがポイントになる。

たんぱく質は人体内に摂取されると分解されアミノ酸になり、アミノ酸が筋組織を生成するための材料になるが、他にも有している作用としては蓄積している疲労を軽くしたり、回復を促すといったものがある。

たんぱく質を豊富に含んでいる食材は肉類や魚類、乳製品や大豆製品であるが、普段の食事メニューのみで十分に補給する事は難しいことも事実だ。

なので、市販されているプロテインなどを活用し補うのも良い方法だ。



炭水化物

また、ダイエットをする方はついあえて摂取しないという選択をしてしまう事例が珍しくないのが炭水化物であるが、筋トレで筋肉を肥大化させ身体を大きくさせたい方にとって炭水化物は必要不可欠だ。

その理由は体内に炭水化物が摂り込まれると人体の特性上血糖値が高まるのだが、高まった血糖値を下げるべくホルモン物質のインスリンが分泌され、分泌されたインスリンが筋肉の肥大化を促進してくれるためだ。

しかも、炭水化物というのは人間が活動するために消費するエネルギーとして用いられるエネルギー源でもあるため、トレーニング前やトレーニング後に摂取すれば脂肪分と共に消費されず大きな状態のまま守ることができる。

つまり、炭水化物が不足した状態になっていると、運動した際に消費したカロリーが多くなるほど、脂肪分と共に筋肉からもエネルギーが使用されてしまうので、トレーニングにより筋肉が大きくなるどころか小さくなってしまうのだ。

トレーニングが逆効果になってしまうことを防ぐためにも、炭水化物は体内に常に摂り入れておくようにし、摂取する際には玄米やオートミール、蕎麦や全粒粉が用いられたパンを選ぶと効率的だ。

脂質

炭水化物と同様にダイエットをしている方が摂取量を控えてしまいやすいのが脂質であるが、筋トレの観点では炭水化物と同様に脂質分も欠かせない栄養素だ。

脂質は油に含まれていますが、一言で油とは言ってもサラダ油やオリーブオイルなど複数の種類に分かれており、通常は使用する料理に合わせて適する種類を選んでいくことになるものの、筋トレを思慮して選定する時にはオリーブオイルを選択するようにしていただきたい。

サラダ油ではなくオリーブオイルを選択すべき理由は、トレーニングのように強く負荷がかかるトレーニングを行う場合では、サラダ油の特性によって僅かに変化した血流の変化により最大のパフォーマンスを発揮できなくなる場合があるためだ。

一方のオリーブオイルには、不飽和脂肪酸が含まれているため、血液の粘度が低くさせられる作用を持ち合わせている。

これにより、高まった心拍数により良好になった血液の流れがより一層健やかになり、身体の隅々まで血液の流れに乗って栄養が届けられるようになるのだ。

こうした意識して選んだ食材で食事メニューを考案すると、筋トレの効果を最大に高める事ができ理想的な身体が手に入れらるだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です