日本酒好き必見!日本酒の美容効果とは




本記事では、日本酒が持つ美容効果についてご紹介する。

男性の皆さんは、日本酒を飲まれているだろうか。

日本酒といえば、日本国内だけでなく、今では海外でもよく飲まれるお酒となっている。

ここまで日本酒が浸透したのは、アルコール度が高いことや、味がおいしいことだけでなく、美容効果がある点も高く評価されていると言われている。

実際に、日本酒を好んで飲んでいる人は、肌がきれいな人が多いとも言われている。

一方、日本酒の美容効果と言われても、まだまだピンと来ない方も多いのではないだろうか。

以下では、そんな日本酒の美容効果についてご紹介していく。



1. アミノ酸による美白効果

まず、日本酒が肌に良いとされている理由の一つが、アミノ酸が多分に含まれている点である。

アミノ酸は、人間の原細胞をつくる原料の一つとして知られており、アミノ酸がなければきれいな肌を作ることが難しくなると言われている。

日本酒には、数100種類ものアミノ酸が含まれているので、それらが相乗効果で肌をきれいにする役割を果たしてくれる。

その結果、日本酒を飲むことで、美白になりやすいとも言われているのだ。



2. コウジ酸・フェルラ酸によるシミ予防

外でスポーツや外回りの営業などをする人にとっては、紫外線は大きな敵になる。

紫外線によりメラニン色素が作られ、これが蓄積されることによって、肌のシミが発生してしまう。

ところが日本のお酒には、コウジ酸とフェルラ酸と呼ばれる2種類の成分が含まれており、この2種類の成分がシミ予防として働いてくれる。

紫外線を浴びる機会が多い人から、シミをどうしても作りたくない人まで、ぜひ日本酒を積極的に飲んでいただきたい。



3. アルギニン・グルタミン酸による保湿効果

また、日本酒には保湿効果があると言われている。

まず日本酒には、アルギニンと呼ばれる成分が含まれている。

アルギニンは、それ単体では保湿効果は期待でないが、他のアミノ酸と結合することで、保湿効果を高めることができると言われている。

また、日本酒にはグルタミン酸と呼ばれる成分も含まれており、この成分が肌の潤いを守る働きをしているバリア機能を活性化させてくれる効果を持っているのだ。



4. コラーゲンによる肌の弾力向上

日本酒には、プロリンと呼ばれるコラーゲンの成分が含まれている。

コラーゲンは、肌の弾力を高めることで有名である。

そのため、日本酒を飲むことで、肌の弾力を保ち、いつまでも若々しい状態を維持することが可能となるのだ。

また、日本酒は比較的アルコール度数が高く、血行の流れを速くするため、適量であれば、老廃物の排出や、栄養素の配給を活性化させ、結果として肌の弾力が高まると言われている。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です