スキー・スノボーでも必須!?雪山で日焼けしやすい理由とおすすめの日焼け止め




夏は紫外線の季節と称されるほど日差しが強く、紫外線を浴びると肌が傷んでしまうのを強く感じる季節でもある。

一方、冬は夏の紫外線に比べて弱く、紫外線の量が約3分の1程度と言われている。

また、冬は夏に比べて肌の露出面積が小さくなるため、どうしても日焼けに対して油断してしまっている男性も多いのではないだろうか。

しかし、そんな油断してしまう季節であるからこそ、日焼け対策が重要になってくる。

特に、冬のスポーツの代名詞であるスキーやスノボーで雪山に行く際は要注意である。

本記事では、雪山で日焼けしやすい理由と、その対策としておすすめの日焼け止めについてご紹介する。

夏にばっちり対策したのに、冬の油断で肌を痛めないよう、本記事を参考に対策いただきたい。



雪山は直射光も反射光も高い!?

紫外線は、太陽から直接光として受けるものと、地表面に反射することで受ける反射光が存在する。

太陽から直接受ける直接光による紫外線は、太陽との距離によって変わってくる。

雪山の場合、多くの場合標高が1,000m以上あるが、標高が1,000m高くなると紫外線から受けるダメージは約10%強くなるとも言われている。

また、地表面に反射することで受ける反射光は、気象庁のデータによると、砂浜の紫外線反射率が約10~25%、海面が10~20%に対して、新雪の場合はなんと80%もあるのだ。

以上のように、雪山は直接光も反射光も高い水準にあるため、日焼け対策は必要不可欠なのだ。



スキー・スノボーにおすすめの日焼け止め3選

1. デイ ディフェンス ローション SPF35<PA+++>|アラミス ラボ シリーズ

aramis LAB SERIES(アラミス ラボ シリーズ) デイ ディフェンス ローション SPF35 (PA+++)50ml
aramis LAB SERIES(アラミス ラボ シリーズ) デイ ディフェンス ローション SPF35 (PA+++)50ml  :クリックでAmazon商品ページ

まずご紹介する製品は、ラボシリーズの日焼け止め乳液「デイ ディフェンス ローションSPF35<PA+++>」だ。

本製品は、普段づかいがしやすい、乳液と日焼け止めを合わせたアイテムだ。

詳細は、下記の記事をご覧いただきたい。



2. THE SUNSCREEN 日焼け止め|バルクオム

BULK HOMME THE SUNSCREEN 日焼け止め SPF40 PA+++ 40g
BULK HOMME THE SUNSCREEN 日焼け止め SPF40 PA+++ 40g:クリックでAmazon商品ページ
製品名バルクオム THE SUNSCREEN
タイプ日焼け止め
メーカーBULK HOMME
内容量40g
価格2,000円
1g当たり価格50円
特徴①万能のUVカット性能に加え白浮きしない使いやすさ、②肌へのダメージを極力減らした成分配合

次にご紹介する製品は、バルクオムの日焼け止め「ザ サンスクリーン(THE SUN SCREEN)」である。

本製品は、石けん成分で落とせるものを作るという前提で開発が始まり、汗・皮脂に強いのに石けん成分で落とせる、低刺激処方の日焼け止めとなっている。

また、本製品が特に評価されている点は、万能のUVカット性能に加え白浮きしない点と、肌へのダメージを極力減らした成分が配合されている点である。

詳細は、下記の記事をご覧いただきたい。



3. UVプロテクター|資生堂メン

資生堂 シセイドウ メン UVプロテクター 国内向 正規品
資生堂 シセイドウ メン UVプロテクター 国内向 正規品:クリックでAmazon商品ページ
製品名UVVプロテクター
タイプ日焼け止め
メーカー資生堂メン
内容量50g
価格3,000円
1g当たり価格60円
特徴①白くなりにくい&汗や皮脂によるべたつきも防ぐ、②アレルギーテスト済みでニキビのもとになりにくい処方

次にご紹介する製品は、資生堂メンの日焼け止め「UVプロテクター」だ。

本製品は、白浮きがしにくく、汗や皮脂によるべたつきを防ぐオイルコントール効果も持つため、日常生活からスポーツ、レジャーまで、幅広いシーンで活躍してくれる。

詳細は、下記の記事をご覧いただきたい。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です