メンズにおすすめのシェービングフォーム・ジェル7選




本記事では、メンズにおすすめのシェービングフォーム・ジェルをご紹介する。

男性の皆さんのうち、髭を伸ばしている方以外のほとんどの方が毎日髭を剃られているだろう。

その髭剃りにあたり、シェービングフォームやジェルを使用されているはずだ。

しかし、一口にシェービングフォーム・ジェルと言っても、世の中にはたくさんの種類のシェービング剤が存在しており、どれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないか。

本記事では、シェービング剤の種類についてご紹介した上で、HANDSUM+編集部のおすすめ製品をご紹介したい。

シェービング剤の種類

シェービング剤には、①シェービングジェル、②シェービングフォーム、③シェービングフォームジェルの3種類がある。

①シェービングジェル

シェービングジェルとは、透明なジェル状のシェービング剤である。

まず、透明なので、肌が見えて、どのぐらい剃れているかを確認しながら剃れることが特徴の1つだ。

もう1つの特徴は、ジェル状なので、肌になじみやすく、髭を根元から柔らかくすることができる点だ。

②シェービングフォーム

シェービングフォームとは、泡状のシェービング剤である。

泡が肌を保護してくれることが特徴であり、敏感肌の男性におすすめだ。

③シェービングフォームジェル

シェービングフォームジェルとは、手に取った段階では、ジェル状であるが、肌になじませるとフォーム状に変化するシェービング剤である。

ジェルにより髭を根元から柔らかくすることができる点に加え、泡により肌への負担も少ない点が特徴だ。



おすすめ製品

上記で紹介した、①シェービングジェル、②シェービングフォーム、③シェービングフォームジェルの3種類について、それぞれおすすめ製品をご紹介したい。

①-1:ジレット プログライド シェービングジェル

ジレット プログライド シェービングジェル 175mL

ジレット プログライド シェービングジェル 175mL:クリックでAmazon商品ページ

ジェルタイプの1つ目は、P&Gから発売されている「ジレット プログライド シェービングジェル」だ。

本製品には潤滑油が含まれており、滑らかな剃り心地を実現してくれる点が特徴である。

一方で、ジェルの粘度が高めなので、しっかり洗い流し、ふき取らなければならない。

また、本製品の香りは好き嫌いが分かれる模様だ。



①-2:ハイシェーブ モイストジェル

ハイシェーブ モイストジェル 230g

ハイシェーブ モイストジェル 230g:クリックでAmazon商品ページ

ジェルタイプの2つ目は、フェザー安全剃刀から発売されている「ハイシェーブ モイストジェル」だ。

保湿成分トリプルヒアルロン酸や、ビタミンA(青カプセル)、コエンザイムQ10(黄カプセル)が配合されており、カミソリの滑りをなめらかにしてくれる点や剃った後の肌の潤い感を実現してくれる点が特徴である。

香りも、好感度の高いさわやかなマリンの香りだ。



②-1:ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ

ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ 245g

ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ 245g:クリックでAmazon商品ページ

フォームタイプの1つ目は、P&Gから発売されている「ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ」だ。

本製品は、非常に泡立ちが良く、スムーズな剃り心地を実現してくれるのと同時に、同社のジェルタイプ製品と異なり、洗い流しやすにも秀でている点が人気を集めている理由の1つである。



②-2:ボタニカル フェイスウォッシュ & シェービング フォーム

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO) 【 メンズ 洗顔 泡 】 ボタニカル フェイスウォッシュ & シェービング フォーム ( 男性 エイジングケア ) 男性用 保湿

クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO) 【 メンズ 洗顔 】 ボタニカル フェイスウォッシュ & シェービング フォーム 泡タイプ 150mL:クリックでAmazon商品ページ

フォームタイプの2つ目は、クワトロボタニコから発売されている「ボタニカル フェイスウォッシュ & シェービング フォーム」だ。

本製品は、洗顔ファームとシェービングフォームの両面を持ち合わせているので、洗顔の流れでシェービングを行うことができ、時間や手間が掛からない。

特に、朝に時間がない男性の方にとっては、非常に嬉しい製品だろう。

洗顔フォームということで、ハリ不足の肌に弾力を与える効果や、消臭効果、ひきしめ効果があり、皮脂テカリ、ベタつき、毛穴トラブル、乾燥肌のケアも可能だ。



③-1:ジレット プログライド シェービングジェルフォーム リフレッシュクリーン

ジレット プログライド シェービングジェルフォーム リフレッシュクリーン 168g

ジレット プログライド シェービングジェルフォーム リフレッシュクリーン 168g:クリックでAmazon商品ページ

フォームジェルタイプの1つ目はP&Gから発売されている「ジレット プログライド シェービングジェルフォーム リフレッシュクリーン」だ。

本製品は、泡の密着度が高く、非常にそり心地が良い点が特徴である。

また、肌の保護効果も高く、個人差はあるだろうが、使用後ヒリヒリ感もほとんど感じないだろう。

ただし、同社のジェル同様、本製品の香りは好き嫌いが分かれる模様だ。



③-2:シック ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム 

シック Schick ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム 199g

シック ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム 199g:クリックでAmazon商品ページ

フォームジェルタイプの3つ目は、シックから発売されている「シック ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム」だ。

本製品には、うるおい成分(ビタミンE、アロエエキス)とすべり成分(PVP、グリセリン、PEG-90M)が配合されており、のジェルが肌に密着し、被膜を作って保護してくれる点が特徴である。

一方で、蓋の空けにくさ/しまりにくさや、プッシュ時の調節の難しさなど、製品以外の点での課題が挙げられるかもしれない。



③-3:アラミス ラボ シリーズ マキシマム コンフォート シェーブ ジェル

アラミス ラボ シリーズ マキシマム コンフォート シェーブ ジェル 198g

アラミス ラボ シリーズ マキシマム コンフォート シェーブ ジェル 198g:クリックでAmazon商品ページ

フォームジェルタイプの3つ目は、ラボシリーズから発売されている「アラミス ラボ シリーズ マキシマム コンフォート シェーブ ジェル」だ。

本製品は少量のジェルで、大量の泡を発生させることができる点が特徴である。

また、トリートメント効果も高いとのことだ。

値段は他の製品と比べて高めだが、上記の通り、少量のジェルで、大量の泡を発生させることができるので、長持ちさせることができる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です