8月に聴きたい!おすすめの邦楽10選




今回の記事では、8月に聴きたいおすすめの邦楽をご紹介する。

男性の皆さんは、8月に聴きたい邦楽と言われて、どの曲を思い浮かべるだろうか。

8月は夏真っ盛りの季節であるので、やはり夏をテーマにした曲だろうか。

夏のテーマと言っても、海や花火、夏休みなど、多岐にわたる。

また、中には、夏は恋愛の季節と考える方もいるかもしれない。

今回の記事では、そんな様々なシーンを思い浮かべることができる、この8月という月を彩るための、おすすめの邦楽をご紹介する。

1. 夏の終わり|森山直太朗

夏の終わり

夏の終わり:クリックでAmazon商品ページ

森山直太朗の「夏の終わり」は、8月後半の夏終盤の切なさを想起させてくれる。

また、熱闘甲子園のテーマソングとしても有名であり、この曲を聴くと、高校生たちが白球を追いかける姿を思い浮かべるという方も多いのではないだろうか。



2. 睡蓮歌|湘南乃風

睡蓮花
睡蓮花:クリックでAmazon商品ページ

湘南乃風の代表曲と言っても過言ではないのが、2009年にリリースされたこの「睡蓮花」だ。

PVのタオル回しのシーンを見ながら、カラオケでお手拭きを振り回して盛り上がった経験がある方も多いのではないか。

その意味では、夏に限らず、一年中歌われる名曲かもしれない。

3. 少年時代|井上陽水

少年時代

少年時代:クリックでAmazon商品ページ

井上陽水の「少年時代」も、昔からの夏の定番曲でもある。

歌詞にも「八月」という言葉があるように、少年時代の夏の思い出を蘇らせてくれるような曲だ。



4. サマーヌード|真心ブラザーズ

サマーヌード

サマーヌード:クリックでAmazon商品ページ

8月に聴きたい曲として、この「サマーヌード」を挙げる方も多いのではないか。

真心ブラザーズの曲としても有名だが、2013年にジャニーズの山下智久主演の「SUMMER NUDE」のドラマの主題歌として、山下智久が歌う形でリメイクされたこともあり、若者でも知っている人気曲だ。

5. 打上花火|DAOKO × 米津玄師

打上花火

打上花火:クリックでAmazon商品ページ

アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌に起用され、大ヒットとなった「打上花火」もこの夏に聴きたい一曲だ。

日本の夏の風情を感じさせるピアノの旋律と現代感あふれるエレクトロニックサウンドが上手く重なっており、どんな世代が聴いても耳に残りやすい曲だろう。



6. R.Y.U.S.E.I|三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

R.Y.U.S.E.I.

R.Y.U.S.E.I.:クリックでAmazon商品ページ

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」も、熱い夏の夜を感じさせてくれる定番曲だ。

2年ほど前の曲であるが、その頃と比して、アーティストの知名度は急上昇しており、この曲自体も中高生から社会人まで幅広い層に人気の曲となっている。

7. 楽園ベイベー|RIPSLYME(リップスライム)

楽園ベイベー (CCCD)

楽園ベイベー:クリックでAmazon商品ページ

2002年にリリースされたRIP SLYMEの「楽園ベイベー」も、誰しもが聞いたことがあると言っても過言ではない夏の定番曲である。

なんとこの曲は、200万枚以上を出荷したことを認定する「ダブル・プラチナ」の認定を受けた曲でもある。

ドライブでもカラオケでも外すことのない一曲だ。



8. 真夏のSounds good!|AKB48

真夏のSounds good!

真夏のSounds good!:クリックでAmazon商品ページ

AKB48は数々の夏うたのヒット曲を世に送り出しているが、その中でも「真夏のSounds good!」を真夏の8月に聴いているという方も多いのではないか。

カラオケでも定番曲なので、覚えておいて損はない一曲だ。

水着姿のメンバーが可愛いPVも必見だ。

9. HOT LIMIT|T.M.Revolution(ティー・エム・レボリューション)

HOT LIMIT

HOT LIMIT:クリックでAmazon商品ページ

T.M.Revolutionと言えばこの曲、と言われるほどの「HOT LIMIT」も夏真っ盛りの8月にぴったりの曲だ。

PVや衣装も特徴があり、曲と同じぐらい有名なのではないだろうか。



10. 真夏の果実|サザンオールスターズ

真夏の果実

真夏の果実:クリックでAmazon商品ページ

多くの方が、夏のアーティストと言われて名前を挙げる、サザンオールスターズの「真夏の果実」も夏のバラード曲を代表する一曲だ。

最近では、EXILEにカバーされるなど、老若男女問わず、誰もが知っている一曲である。

大好きな彼女の前で歌うのもおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です