カフェイン・アルコールと肌荒れの関係




今回はカフェイン・アルコールと肌荒れの関係と題し、カフェインやアルコールが肌に与える影響についてご紹介したい。

仕事や私生活が忙しい男性読者の皆さんにとって、カフェインを含んだコーヒーやエナジードリンクは大切な相棒だという人も多いだろう。

また気分転換や趣味の一環として、アルコールは欠かせないと言う方も多いだろう。しかしこの二つの成分、実は肌荒れの要因になり得るのだ。

今回はカフェイン・アルコールと肌荒れの関係に加え、その影響を緩和する手段についてもご紹介するので参考にしていただきたい。

1. カフェインと肌荒れの関係

まず最初に紹介するのは、カフェインと肌荒れの関係だ。

実は、カフェインは肌荒れの原因になりうるのだ。
その理由は大きく3つある。

第一に、カフェインを摂取するとお手洗いが近くなるように、カフェインには利尿作用がある。
実は肌に必要な「ビタミンC」や「ミネラル」がこの利尿作用により排出されやすくなってしまうのだ。

第二に、カフェインは睡眠の質を下げる。
就寝前にカフェインを摂取すると、熟睡ができなくなり、肌の新陳代謝が促進されなくなってしまう。

第三に、カフェインは交感神経を高めてしまう。
自律神経や内臓系の機能を乱してしまうことで、肌荒れを促進してしまう可能性があるのだ。

こうした影響があるため、どうしてもコーヒーブレイクが欠かせないという人は、ルイボスティーなどのカフェインが含まれない飲料を飲むことや、排出される「ビタミンC」や「ミネラル」をサプリメントで補充することをおすすめしたい。



2. アルコールと肌荒れの関係

続いて、アルコールと肌荒れの関係だ。

アルコールの摂取も肌荒れを促進する要因となりうる。
カフェイン同様、その理由は大きく3つある。

第一に、アルコールを摂取すると、抗酸化作用をもつビタミンCやビタミンEの吸収を妨げてしまう。

第二に、アルコールを分解するために体内の水分が奪われる。
これにより、肌の乾燥やシワ・たるみが促進されてしまう。

第三に、アルコールを摂取すると、毛細血管が拡張され皮脂腺が刺激される。
これにより、皮脂が過剰分泌されニキビや肌荒れの原因となりうる。

こうした影響を緩和するには、飲酒中にしっかりと水分をとることだ。
これにより、アルコール分解時の水分不足が緩和されるため、肌荒れへの影響も最低限となるのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です