意外と迷う!?デート後に送るべきLINEメッセージとは




本記事では、デート後に送るべきLINEメッセージをご紹介する。

男性の皆さんは、デート後のLINEをうまく送れているだろうか。

デートの実現に至るまで仲を親密にさせたり、具体的な日時や場所のやり取りをする際に利用するのがLINEであるが、より一層2人の仲を親密にさせるためにはデート後のやり取りも重要だ。

メッセージのやり取りを行い仲を深めたり、日時の取り決めをするといった前段階と比較すると、実際に会ってデートをしたが故に送るべき内容に考え込んでしまう方は少なくないだろう。

そこで、本記事では、デート後に送るべきLINEメッセージをご紹介する。

きちんと感謝の気持ちを伝えよう

誘われた側がお礼の一言を送るのはよくあることだが、誘った側がお礼をしても問題は無く、むしろ好印象だ。

深く考えずに、一緒に時間を過ごしてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えるのが良いだろう。

素直な気持ちで「一緒に過ごしている時間が楽しかった」といった内容で十分だが、素直でシンプルなメッセージを送信する際には可能な限り速やかに送るのがベターだ。

楽しく過ごすことができたという本音を速やかにお伝えすれば、一度きりのデートで終わらずに、次のデートに向けて計画が具体的に進展していくだろう。

また、デートで訪れた先が印象深い場所であったり、入念に下調べをしたりプランを計画したことが見て取れるデートであった場合には、訪れた場所の名称や行った事などを具体的に記すと楽しかった気持ちがしっかりと伝えられるはずだ。

楽しかったことなどを具体的に記すと相手に自身の好きなことを間接的に伝えられるようになるため、相手は次のデートの計画が立てやすくなり、次回のデートの計画が現実的なものになるだろう。



相手を気づかおう

一方で、デートを楽しんだ相手方と自身の間に一定の年齢差があったり、まだ関係性に距離感がある場合は、楽しかったという自身の気持ちは冒頭に記さないことがポイントである。

代わりに、相手方の翌日の仕事のスケジュールや、多忙を極めている最中にデートしてくれた相手方を気遣う様子を見せることにより、メッセージを受け取った側は自身のことを大切に考えてくれているという気持ちを強く抱いてくれるだろう。

お礼にプラスして礼儀を示すことにより印象が良くなることに加え、人生を長い目で見た時のパートナーとして意識してもらえるようにもなるかもしれない。



次回のデートのお誘いにもトライしてみよう

そして、デートを通して距離が急接近しすっかり親密な関係性になれたと感じた際には、デート後に次のデートで一緒に訪れるスポットを提案しても良いだろう。

デート中で話にあがった好きな食べ物や場所、話題のスポットなどに絡めて、自然な流れで誘うことができれば尚良しだ。

また、デート中に少しでも相性の良さを感じるような場面があれば、女性側も誘われて嬉しいと感じるだろう。

仮に上記のようなきっかけがなかったとしても、「もっと仲良くなりたい」という気持ちをしっかりと伝えることで、形勢逆転も可能だろう。



直接言えなかったことは文章でフォローしよう

ヘアスタイルやファッション、アプローチなど好印象を抱く箇所が多々あるのにも関わらず、実際に会っている時には恥ずかしさが勝りお伝えすることができなかったという経験はないだろうか。

その場合は、デート後のLINEで好印象を抱いた点について触れるのがベターだ。

セットしたヘアスタイルやファッション、アプローチを褒められるのは誰もが共通して嬉しく感じられるだろう。

また、デート後であっても細部に至るまで目を向けてくれていたという事実も嬉しく感じられるはずだ。

加えて、直接的に言うことが恥ずかしくてことをLINEで言うという様子が愛らしくも捉えてもらえるかもしれない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です