藤井聡太六段に学ぶ!男を磨く名言3選




一流の人間には、一流である理由がある。
彼らは多くの人を魅了し、老若男女問わず惹きつける。

是非とも彼らの思考から魅力的な人間になるためのヒントを探したい。

本記事では、一流の人間の思考を学ぶべく、将棋界の若きレジェンドである藤井聡太六段の名言をご紹介する。

そもそも藤井聡太六段とは?

藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532):クリックでAmazon商品ページ

藤井聡太六段は、史上5人目の中学生プロ棋士であり、史上最年少でプロとなった棋士でもある。(2018年現在)

デビュー戦から公式戦では一度も負けることなく連勝を続け、2017年6月26日にはこれまでの連勝記録である28連勝の記録を抜き去り、歴代連勝記録単独1位となる29連勝を達成。
マスコミの報道も日ごとに過熱し、連日のワイドショーで取り上げられ、一躍有名となった。

その後も勢いは衰えず、2018年2月17日の第11回朝日杯オープンで優勝し、最年少で六段に昇格した。


藤井聡太六段の名言3選

1.使命に関する名言

将棋に巡り合えたのは運命だったのかなと思いますし、将棋を突きつめていくこと、強くなることが使命。

自身が取り組む将棋について、使命感を持ち突き詰めいてることが分かる名言。

物事に対して、使命感を持ち突きつめている人はやはり魅力的だ。
友人でも、職場の同僚でも、尊敬を集めている多くの人は、使命感を持ち突き詰めている人ではないだろうか。

使命感を持ち、その使命に向かって努力を継続している人は、女性だけでなく、男性の上司や部下、友人に対しても魅力的に映るはずだ。

2.趣味・仕事に関する名言

意識的に取り組んできたことではないんです。好きだから自然に続けてきました。

今では職業となった将棋について、夢中で取り組んできたことが分かる名言。

仕事でも、趣味でも夢中で取り組んでいる人はかっこよく見えるもの。
好きな事に取り組む人はイキイキとして輝いて見えるため、よりかっこよく見えるという効果がある。

「努力は好きには勝てない」と言われるが、好きなことを夢中で取り組むことが、その道を極めることになり、結果としてより魅力的に見えるようになるはずだ。



3.目標に関する名言

名人もプロになったからには目指すべきものですし、強くならないと見えない景色があると思いますので、そこに立てるように頑張りたいです。

史上最年少でプロ棋士になってもなお、さらなる高みを目指していることが分かる名言。

目標を持ちそれに向けて努力している人は、誰もが注目し、応援したくなるもの。
それも高い目標であればあるほど、より多くの人を魅了するはずだ。

また、高い目標を達成したからこそ見える景色というのは、自身をより成長させ、周囲の人に対してより魅力的に映るはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です