素材にこだわるメンズに!White Magliettaの白Tシャツ




本記事では、「White Maglietta(ホワイト マリエッタ)」の白Tシャツをご紹介する。

男性の皆さんは、白Tシャツにこだわりを持っているだろうか。

「白Tシャツは消耗品。」

世の中には、そんな意見を持っている男性が多いかもしれない。

しかし、白Tシャツと言えど、昨今では非常に高品質な製品が販売されており、「消耗品」的な明らかに安い生地で作られた製品を着ていては、明らかに見た目に差がついてしまうだろう。

そこで本記事では、そんな白Tシャツの中から、昨今話題の、素材に徹底的にこだわられているブランド「White Maglietta(ホワイト マリエッタ)」の白Tシャツをご紹介する。



White Maglietta(ホワイト マリエッタ)とは

White Maglietta(ホワイト マリエッタ)とは、「贅沢を、着よう。」をコンセプトに掲げた白Tシャツ専門のブランドだ。

シンプルなものにこそ贅沢であれ、という思いが込められた白Tシャツは、時にはデニムの上に(Casual)、時にはジャケットの下に(luxury)着用可能な高品質かつ万能なアイテムだ。

もちろん、シンプルだからこそ、ユーザーの魅力をより一層引き立ててくれる。



創業者の想い

HANDSUM+編集部は、White Maglietta(ホワイト マリエッタ)社のCEOである森 桂一郎氏に、White Maglietta(ホワイト マリエッタ)への想いを聞いてみた。

僕自身昔からファッションアイテムの中でも白Tが大好きで、気付けばクローゼットの中にはいつも白Tが溢れていました。

自分の体に馴染んできて徐々にその風合いが出てくるのが好きで、その育てる過程も楽しみの一つだと思います。

また、白Tはシンプルが故にごまかしが効きません。
生地はもちろん、裁縫、シルエット、その全てが主役になるのです。
それもまた拘り甲斐があり、面白いところかもしれません。

物に溢れた現代。
使い捨てが当たり前の時代。

そんな今だからこそ「良い物を長く着てほしい。」
そういう想いからこのブランドを立ち上げました。

毎日着るものだからこそ、良いものを着ることで生活に彩りが生まれます。
White Magliettaはあなたの生活に少しの彩りを添えるお手伝いをします。

また、今後は店頭で実際に手に取って頂ける機会も増やしたいです。
生地・素材を売りにしていますからね…笑



White Maglietta(ホワイト マリエッタ)の「売り」とは

こちらもWhite Maglietta(ホワイト マリエッタ)社のCEOである森 桂一郎氏にお答えいただいた。

間違いなく素材ですね。
現在は綿100%に拘り、素材選びについては一番時間をかけています。

なぜか?

自分で選ぶ時に一番見るからです。笑

僕の場合はお店に置いてある状態から、洗濯をするとどれぐらい縮むのか、着ている時どれぐらいシワになりそうかなど、購入後や着用後のことを考えながら選ぶことが多いです。

もちろんアウトラインやディテールも大事ですが、良くありがちなのが買った時は良い状態でカッコイイのに数回洗濯をするだけでシワが取れなかったり、襟元が伸びてしまったり…残念ですよね。

もちろん僕自身、何度も経験しました。

だからこそ素材には特に強いこだわりを持って選んでいます。
それにより、特にヨレに強く、できるだけ長く、綺麗に着ていただける物だと自負しています。

ちなみに、自分の中で商品ごとにコンセプトというかテーマがあって、それぞれ素材やディテールを変えています。

同じ物に見えても素材が違うだけで全くの別物になりますからね。
ただこれが難しいところで、いくら素材が良くても、実際に触れることができないと、100%良さを伝えることは難しいです。
今の課題でもありますね。

一度手にとっていただければ、その良さが分かっていただけると思いますよ。

実際に、HANDSUM+編集部もWhite Maglietta(ホワイト マリエッタ)の白Tシャツを触らせていただいたが、非常に肌触りが良くしっかりとしていて、素材にこだわりを持っていることも確認できた。

森氏いわく、

1番時間を掛けたのは首回りで、リブ生地を極力使用せず、ボディ同様の非常にしっかりした生地を使用しているため、見た感じも実物も全体的にハリがあり、それでいて柔らかく滑らかで、ヨレにくく頑丈なんです。

とのことだ。

ぜひ一度手に取っていただきたい。

さらに詳しくお知りになりたい方やご購入されたい方は、以下の公式HPやInstagram公式アカウントをチェックしていただきたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です