趣味

プール・サウナ・水風呂完備の本格スパ「8 WATER CAVE swim suits spa(8HOTEL SHONAN FUJISAWA内)」に行ってみた!【口コミ・評判・体験談】

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. 趣味 >

プール・サウナ・水風呂完備の本格スパ「8 WATER CAVE swim suits spa(8HOTEL SHONAN FUJISAWA内)」に行ってみた!【口コミ・評判・体験談】

本記事では、湘南藤沢・茅ヶ崎エリアに展開している「湘南レーベル」が手がけるホテルブランドの「8HOTEL」についてまとめた体験レポートをお届けする。

皆さんは、8HOTELについてご存知だろうか?

8HOTELは、おしゃれな建物に、プールやサウナもついていて、映え写真を撮りながら、1日リラックスして過ごせるSNSでも話題の施設である。今回は、2022年7月15日にオープンしたばかりのプール・サウナ・水風呂完備の本格スパ「8 WATER CAVE swim suits spa(8HOTEL SHONAN FUJISAWA内)」に訪れてみた体験レポートをお届けしたい。

 

8HOTELとは?

2011年に藤沢に開業した8HOTELは、「1週間が8日あったとするならば人は、どのようなインスピレーションを、そこで抱くのだろうか。」をコンセプトに誕生したホテル。日本のビーチタウン湘南にあるこのホテルは、8HOTELが考える世界観、湘南から発信するドレスダウンしたカルチャーを表現・発信しながら、ストレスのない居心地の良さを約束し、ライフスタイル発信の場としての機能を果たしている。日々、県外からも多くの人たちが訪れ、湘南のランドマーク的な存在である。そんな8HOTELを手がけるのは,湘南のおしゃれ建築の代名詞でもある「湘南レーベル」。手がける建造物は、まるで海外リゾートのようなこだわりの建物や内装で、どこを切り取っても素敵な空間ばかり

2020年7月には、海の街・茅ヶ崎に「8HOTEL CHIGASAKI」がオープン。まるで海外のモーテルのようなおしゃれな建物に、プールやサウナもついていて、映え写真を撮りながら、1日リラックスして過ごせる最高の空間である。(8HOTEL CHIGASAKIについては、また別の記事でご紹介させていただく予定です)

イメージ:8HOTEL 茅ヶ崎

 

8 WATER CAVE swim suits spaとは?

8 WATER CAVE swim suits spaとは、2022年7月15日に新しくオープンした8HOTEL SHONAN FUJISAWA内にあるプール・サウナ・水風呂完備の本格スパである。

こちらのスパは男女混浴可能。親しい異性の友人やカップルでも楽しめるスパで、早くもSNS上では話題のホットスポットである。(※入浴には要水着着用

 

イメージ:8HOTEL 藤沢

 

サウナや水風呂に加えて、リラクゼーションプールを有し、プールにはウォーターホールが設置されているスパ屋上には緑豊かなビーチハウスのような広々とした外気浴スペースもある。昼間は明るい水色に満たされるスパ内は、夜になるとより洞窟らしい幻想的な印象で、昼と夜で違う表情のスパを楽しむことができるのも魅力的である。

詳細情報

  • 名称:8 WATER CAVE swim suits spa(8HOTEL SHONAN FUJISAWA内)
  • 住所:神奈川県藤沢市鵠沼花沢町 1-5
  • アクセス:藤沢駅南口より徒歩 2分
  • オープン:2022年7月15日(金)
  • 料金:1,500円/90分 ※ クラブフロアにご宿泊の方は無料
  • 電話:0466-54-0880
  • メール:info@8hotel.jp
  • ホテル公式HP:https://8hotel.jp/
  • Instagram:https://www.instagram.com/8hotel_fujisawa

HANDSUM+限定 宿泊料金10%OFF】8HOTEL 公式予約サイトリンク

湘南レーベルグループ | 公式予約
湘南レーベルグループ | 公式予約

続きを見る

 

体験レビュー

それでは早速、「8 WATER CAVE swim suits spa」の体験レポートをお届けしたい。

今回の体験者は、HANDSUM+副編集長であるしゅうさん。プライベートでも熱波師資格、サウナエキスパート資格、サウナ・スパ健康アドバイザー資格を取得する等、サウナをこよなく愛するサウナーの1人である。

今回は取材のために、特別に貸切で体験させていただいた。貸切でサウナに入ることは初めてのため、体験者のテンションは入口から絶頂のご様子。(笑)

入ると神秘的な洞窟のような入り口が続いていた。壁には複数のフックがあり、ここにはガウンや手荷物を掛けておけるそうだ。

貴重品は別途設置されている鍵付きロッカーに保管できるので安心だ。

浴場は広々としていて、多少混んでもゆったり入浴できるくらいの大きさ。(写真の手前から水風呂15度・温浴風呂41度・プール30度)

では、早速お待ちかねのサウナに入室したいと思う。

天井も高く、とても広々としたサウナ。まだオープンしたばかりということもあり、使用されている木材の香りも新鮮な感じであった。

こちらのサウナは、セルフロウリュができる。昨今のサウナ施設ではオートロウリュはあるが、このようにセルフロウリュができるのは珍しく、体験者も満面の笑みで水を掛けている。(※オープンしたての木の香りを活かすため、現在、アロマ水を禁じているそうです。)

まだオープンしたてということもあり、木材の水分含有率が低く、サウナの入った感覚が老舗のサウナとはまた異なるそうだ。副編集長曰く、「サウナはサウナーと一緒に作っていくもの」だそうで、「これから8HOTELを訪れるサウナーのみんなと一緒に、このサウナを育てていきたい」と熱く語っていた。

ちなみに、こちらのサウナでは撮影も可能なためSNS映えも間違いない。

サウナでサウナへの愛を熱く語っていると、良い感じに仕上がってきた様子で、いざ水風呂へ。

とても気持ちよさそうな表情をしている。(笑)

余談ではあるが、サウナ室の前にはサウナハットなどを置くスペースがあり、動線設計が素晴らしいと感じた。

サウナ近くには、眼鏡やスマホを置くスペース。スマホをサウナに長い時間持ち込むとバッテリーが壊れてしまうため、撮影し終わったらこちらの台に置いておけるようにサウナ室の目の前に設置されている。

また、サウナ室前には給水スペースや持ち込みドリンクを冷やして置ける冷蔵庫も設置されており、利用者のことを思い作られた設計に脱帽であった。

さて、続いては屋上にある外気浴スペースに行ってみることにする。

とても広々とした外気浴スペースで、リクライニングチェアーやウッドデッキ等、好みに合わせて外気浴を楽しむことができる。

取材当日はあいにくの雨であったが、体験者曰く、雨の日の外気浴は情緒深く、乙な体験だそうだ。

気持ちよさそうにウッドデッキに寝そべり雨を感じている。実は、このように寝そべることができるのは珍しいとのこと。

リクライニングチェアーも心地よい。

取材のことを忘れて一人ととのっている。(ちなみに撮影は編集長が対応している)

普段体験できないようなサウナ体験をした後は、バスでリラックス。

しっかりと貸切プールも堪能。

ひとしきりスパを堪能したので、部屋に戻ろうとするとサウナーのために作られたと言っても過言ではないドリンクスペースがあった。こちらでは、カップや氷が用意されているため、自動販売機で飲み物を購入してお手製のオロポを作ることができる。

自身でオロポ作る副編集長。

もはや取材のことを忘れて1人で完全に満喫しているご様子。

スパを出る際は、ロッカーキーをこちらのパイプに入れて返却する。

オロポ堪能し、再び部屋に戻ろうとする中、何だか怪しげな部屋を見つけた。

SR?スーパーレア???

どーん!部屋を覗いてみると、SRの意味がわかった。SRとはサウナルーム(サウナに泊まれる宿泊部屋)のことであった。(特別に許可をもらって部屋の中を覗かせていただいた。)

部屋の中にはサウナがついており、自分だけのサウナを楽しむことができる。

セルフロウリュもできる。

もちろん、宿泊室のため寝るスペースも完備。(1万3千円〜で宿泊できるらしい。)

以上となるが、体験者である副編集長に改めてこちらのスパの感想を聞くと、「次回の合宿先が決まった。」と一言。多くを語らない副編集長であったが、その言葉には、スパならびに施設満足度の高さを感じられる一言であった。(サウナ愛好家の集まるHANDSUM+編集部の次回合宿先が決まったのは他の社員には秘密。)

まとめ

いかがだっただろうか。

今回の取材を通して、HANDSUM+編集部としても、サウナ好きの友人やカップルなどで一緒に非日常なひと時を過ごしたい方は、8 WATER CAVE swim suits spaはオススメであると感じた。宿泊施設も1万円台から泊まれる部屋も用意されているということで、コスパの高い体験ができること間違いないだろう。

なお、HANDSUM+読者限定に、宿泊料金が10%オフになるキャンペーンを実施中だ。

ぜひ、下記のHANDSUM+専用リンクよりご予約の上、足を運んでみてください。

HANDSUM+限定 宿泊料金10%OFF】8HOTEL 公式予約サイトリンク

湘南レーベルグループ | 公式予約
湘南レーベルグループ | 公式予約

続きを見る

-趣味

Copyright© HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。 , 2022 All Rights Reserved.