男性におすすめのシトラス系香水10選




本記事では、男性におすすめのシトラス系の香水をご紹介する。

香水の香りには様々な種類があるため、男性の皆さんの中には、どれを選んでいいか迷われる方も多いはずだ。

また、過去記事でもご紹介した通り、香水の香り立ちは、香水を付けた時のトップノートから変化するため、店頭で試した印象と購入後に使った時の印象が異なることもある。

とはいえ、店頭に行く前に、どのような香水の種類があるか理解しておいた方が、実際に店頭で製品を選んだり、店頭スタッフと会話する際にもスムーズだ。

そこで、HANDSUM+では、香水の香りを下記の8タイプに分類の上、それぞれのタイプでおすすめの香水をご紹介していく。



香水の種類

香水の種類は大きく以下の8種類に分類される。

  1. フローラル
  2. シトラス
  3. ウッディ
  4. オリエンタル
  5. フルーティー
  6. グリーン
  7. オーセンティック
  8. スパイシー

今回の記事では2. シトラスをご紹介する。

シトラス系の香水とは

シトラス系の香水は、フローラル系に次いで数が多いタイプの香水である。

ライム、レモン、タンジェリン、マンダリンなど柑橘系を中心にした香りであり、活き活きとした印象があるため、元気・アクティブといったイメージを与えたいときに適切だ。

特に、春・夏には重々しい香りの香水よりも、シトラス系の爽やかな香りを纏う方が好印象だろう。



おすすめ製品

以下の通り、HANDSUM+編集部おすすめのシトラス系香水をご紹介していく。

1. オーソバージュ|Dior(ディオール)

クリスチャンディオール[CHRISTIAN DIOR]オーソバージュ100mlオードゥトワレスプレー

オーソバージュ100mlオードゥトワレスプレークリスチャンディオールCHRISTIAN DIOR:クリックでAmazon商品ページ

1つ目にご紹介する製品は、夏の定番といってもいいDiorの「オーソバージュ」だ。

1966年に初めてリリースされた導入されたオーソバージュは、夏のメンズフレグランスの古典と言っても過言ではない存在である。

シンプルさと洗練さのバランスがよく取れており、非常に爽やかさな印象を与えてくれる。

使われている香りは柑橘類、ハーブ、そして官能的なジャスミンとベチバーであり、ディオールのスピリットを感じる香水だ。

2. ミスターマーヴェラス|Byredo(バレード)

バレード オードパルファンミスターマーヴェラス 100ml

バレード オードパルファンミスターマーヴェラス 100ml:クリックでAmazon商品ページ

2つ目にご紹介する製品は、バレードの「ミスターマーヴェラス」だ。

バレードはストックホルム発の香水ブランドである。

ミスターマーヴェラスは、カルバン・クラインなどのヘアを手掛ける稀代のヘアスタイリスト、Christiaan Houtenbosにインスパイアされた香りだ。

マンダリンの葉、ネロリの花、緑のラベンダー、竹などの清々しく透明感のある香りに、ウッド系のスモーキーさがほのかに残る、夏らしい香水である。

知的な爽やかを演出したい方におすすめの製品だ。

3. ミスターバーバリー|BURBERRY(バーバリー)

バーバリー ミスターバーバリーオードトワレスプレー 100ml/3.3oz

バーバリー ミスターバーバリーオードトワレスプレー 100ml/3.3oz:クリックでAmazon商品ページ

3つ目にご紹介する製品は、バーバリーの「ミスターバーバリー」だ。

バーバリーの代名詞であるロンドンの街とブラックのヘリテージトレンチコートにインスパイアされたメンズフレグランスである。

風味の効いたグレープフルーツ、暖かみのあるカルダモン、フレッシュなタラゴンといったトップノートに加え、中心にはナツメグとシダーウッドの香りが据えられている。

ベースには、ベチバーやサンダルウッドなどの落ちつた香りが用いられ同価格帯の香水に比べクラシックな格調高さを感じさせる。

4. シトラス ヴァーベナ オードトワレ|L’OCCITANE(ロクシタン)

ロクシタン(L'OCCITANE) シトラスヴァーベナ オードトワレ 100ML

ロクシタン(L’OCCITANE) シトラスヴァーベナ オードトワレ 100ML:クリックでAmazon商品ページ

4つ目にご紹介する製品は、ロクシタンの香水「シトラス ヴァーベナ オードトワレ」だ。

製品名にもなっているヴァーベナは、魔女が恋の媚薬に入れて、思い人の気を引いたという言い伝えから、「恋を呼ぶハーブ」とも呼ばれているそうだ。

甘い香りが苦手という男性は少なくないが、「シトラス ヴァーベナ オードトワレ」は爽やかな香りなので、普段使いしやすく仕事もデートも使える万能のアイテムである。

トップノートは、フレッシュな「ピュアシトラス」の香りとなっている。

一度つけたら癖になる「ピュアシトラス」の香りは、ロクシタンの中でも非常に人気のある香りで、男性からの支持も厚い。

そんな「ピュアシトラス」は、しだいに清々しさの中に優しさを感じる癒しの香りに変わっていく。

爽やさと優しさを演出できる香りであるため、普段使いしやすく、仕事でもデートでも使える万能のアイテムである。



エルメス ナイルの庭 30ml(211008024)

エルメス ナイルの庭 30ml(211008024):クリックでAmazon商品ページ

5つ目にご紹介する製品は、日本でも人気・知名度を誇るエルメスの「ナイルの庭」だ。

一度聴いたら忘れられないネーミングを持つこの香水は、有名パフューマーのジャン=クロード・エレナによるものだ。

また、アスワンにあるナイル川に浮かぶ島にインスパイアされた香りは、緑と植物・水と砂が混じり合うみずみずしいものだ。

シトラスやグリーンマンゴーをアクセントにした誰もに好かれる香りであり、高級感を保ちながらも普段使いに最適な一本だ。



6. サムライ ライト|アランドロン

サムライ ライト EDT SP 100mL

サムライ ライト EDT SP 100mL:クリックでAmazon商品ページ

6つ目にご紹介する製品は、アランドロンの「サムライ ライト」だ。

「サムライ ライト」は、サムライシリーズの定番香水「サムライ オードトワレ」よりも清涼感を強調しており、フルーティーで酸味のあるフレッシュな香りが広がる。

ライトというだけあり、他の香水よりも匂いが強くなくほのかに香るので、香水初心者にもおすすめできるアイテムである。

7. ベチバー|GUERLAIN(ゲラン) 

ゲラン ベチバー EDT SP 100ml [並行輸入品]

ゲラン ベチバー EDT SP 100ml [並行輸入品]:クリックでAmazon商品ページ

7つ目にご紹介する製品は、1959年にジャン・ポール・ゲランによって創作された初のフレグランスであるゲランの「ベチバー」だ。

大地の香りであるベチバーは、フレッシュさと温かさ、調和と個性といった、自然の中の相反する二面性を表現しており、ナチュラルで落ち着きのある、エレガントな雰囲気を醸し出すことができる。

フレッシュ ウッディな香水であり、トップではオレンジ、ベルガモット、レモンといった柑橘類のすっきりとしたフレッシュな香り、ミドルではナツメグやペッパーなどのスパイスの香りが高まり、ラストはベチバー、タバコ、トンカビーンの香りが広がる。

ベチバー、トンカビーン、ナツメグ、タバコをベースにした、斬新な香りのハーモニーは、エレガンスを体現した香りであり、上品なイメージをつけたい男性におすすめである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です