男性必見!香水を持ち運ぶならアトマイザーがおすすめ!




昨今は男性であっても、香水を使う方が増えてきており、HANDSUM+をご覧の皆さんも、普段、ビジネスやデートの際に、香水を使用するという方は多いのではないか。

お使いの香水のブランドにもよるが、ナチュラルな香りの香水は、時間が経つにつれて香りの効果が薄れがちで、外出先やデートの前にもう一度香水をつけて、お客さんや彼女に会いたいという方が少なくないだろう。

だが、男性の方の中には、比較的容量の大きい瓶(100ml 以上)に入った香水を使われている方が多く、香水を持ち運ぶことに煩わしさを感じている人も多いのではないか。

そこで、今回は、普段ご使用の香水を移し替えて使用することのできる「アトマイザー」をご紹介したい。

アトマイザーとは?

ヤマダアトマイザー 5204

ヤマダアトマイザー 5204:クリックでAmazon商品ページ

アトマイザーとは「香水等を入れるスプレー付き容器」のことを指す言葉で、1870年代からフランスの高級香水メーカーで香水の香りをより高めるために使用されだしたものである。

ただの容器であれば100円ショップや無印良品などにおいてあるスプレーボトルを使えば良いと思った方もいるかと思うが、それは大きな間違いで、香水の主成分のアルコールがプラスチックを溶かし時間が経つと容器が溶けて変形してしまうこともある。

そしてアトマイザーの重要なのはポンプであり、そのポンプは押しやすく細かな霧が出ること、一押しでたくさんの量の香水が出過ぎないことを意識して作られている。



アトマイザーの使い方

アトマイザーを使用したことのない人はまずどうやって香水を移し変えるの?という疑問が出てくると思うが、基本は「香水のスプレー部分を押してアトマイザーに中身を移す」という方法になる。

移し替えの器具は以下の3つのうちのどれかが付属されていることが多い。

  1. ジョウゴ
  2. 詰め替えノズル
  3. シリマー、スポイト

①ジョウゴはスプレー部分がはずれない香水に使用し、ジョウゴの細い側をアトマイザーにいれ、ジョウゴの広い側に向かって香水を出せば移し変えることができる。

Hommy 5個入 ミニプラスチック製の漏斗 香水漏斗 油漏斗 クリーム漏斗 化粧品小出し漏斗

Hommy 5個入 ミニプラスチック製の漏斗 香水漏斗 油漏斗 クリーム漏斗 化粧品小出し漏斗:クリックでAmazon商品ページ

②詰め替えノズルはスプレー部分が外れる形式の香水に使用し、香水のスプレー部分のキャップを外した後、ノズルの先端をアトマイザーにいれ、ノズルをプッシュして中身を移すことができる。

VERY100 香水瓶エアノズル  アトマイザー交換用ノズル ニットバルブ 長いふさデザイン 内径18mm 高品質 6色選択可能  (グレー)

VERY100 香水瓶エアノズル  アトマイザー交換用ノズル ニットバルブ 長いふさデザイン 内径18mm 高品質 6色選択可能  (グレー):クリックでAmazon商品ページ

③シリマー、スポイトもスプレー部分が外れる形式の香水に使用し、スポイトで香水を吸い上げアトマイザーに移すことができる。

30011 詰め替えセット

30011 詰め替えセット:クリックでAmazon商品ページ



アトマイザーを探す際のポイント

アトマイザー探しのポイントを以下に箇条書きにしていく。

①液が移しやすいものを選ぶ

意外と液を移すのは手間になるので注意である。

液漏れのしづらいものを選ぶ

旅行や外出で液漏れをしてしまうと悲惨な状況になってしまうので要チェックである。

小さいものを選ぶ

アトマイザーは持ち運ぶことが前提なので軽くて小さいものを選びたい。

残りが分かりやすいものを選ぶ

残量は持っただけではわからないので一目でわかるものが望ましい。

以上のようなポイントを考慮してアトマイザーを使用いただき、外出先でも素敵な香りを持続していただきたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です