今日からはじめよう!朝コーヒーの効果とは




本記事では、コーヒーを朝に飲む効果についてご紹介する。

男性の皆さんは、朝コーヒーを飲んでいるだろうか。

リラックスしたい時や集中したい時に選ばれるコーヒーは、サードウェーブの誕生も相まってますます人気が高くなっており、外出先でも気軽にテイクアウトしオフィスなどに向かうという方も増えている。

もちろん、従来のように自宅で起床後に身支度をしながら口にするという方も多く、朝の一時に欠かせない飲み物として支持されているが、朝にコーヒーを飲むことは、心身ともにとても大きなメリットを与えてくれるのだ。

本記事では、コーヒーを朝に飲む効果について詳しくご紹介していきたい。



朝コーヒーの効果とは

1. すっきりとした目覚め

コーヒーに含有されている成分として、代名詞的な存在がカフェインである。

朝にカフェインが含有されているコーヒーを飲むことで、すっきりとした目覚めを手助けしてくれる。

人間がカフェインで眠気を解消させるためには、1度につき100~200mgを体内に摂取することが有効であると言われている。

コーヒーは1杯の中に、約100~200mgのカフェインが含まれているので、眠気を解消するのに最適なカフェイン量を摂取することができるのだ。

そのため、コーヒーを1杯を飲んでから出かけるというのは、すっきりと目を覚まし、オフィスに到着してから速やかに仕事に着手するために、非常に有効であるのだ。

2. 老廃物の円滑な排除

またカフェインには、胃液の分泌を活性化させる機能や、利尿作用があると言われている。

また、配合されている成分の中には、オリゴ糖も存在していることから、消化器系の要であり胃と腸の双方を同時に健やかに整えてくれるのだ。

そのため、便秘に悩まされている方でも、朝にコーヒーを飲めば、便秘の解消効果もあり、かつ老廃物が円滑に排出されるため、より綺麗な肌を手に入れることができるのだ。

3. 脂肪分の分解

カフェインには、眠気を解消させたり胃液の分泌を活性化させるだけではなく、体内に摂取されると蓄積している脂肪分の分解を促してくれる作用もある。

加えて、基礎代謝も高められるため、摂取してから行動を開始すると、日頃と変わらぬ生活をしていても、普段よりも多くのエネルギー消費が行われるのだ。

そのため、身体を動かし始める30分前にコーヒーを摂取しておくと、出勤やウォーキング、ジョギングの効果をより高めることができる。



さらに朝コーヒーの効果を高めるためには!?

このように、コーヒーは朝に飲むと数々の嬉しい効果が得られる。

そんな効果をより一層高めるためには、「ホットで飲む」「栄養バランスの取れた朝食を食べる」ことを行っていただきたい。

コーヒーを「ホットで飲む」と、体温が高まって血管が広がり、血流の流れが良くなるのと同時に血液量も増えるため、血流に乗って身体の隅々に至るまで成分が届けられるようになりるのだ。

また、胃腸の働きが活発になるため、コーヒーと共に「栄養バランスの取れた朝食を食べる」ことで、食材に含まれている栄養素を腸でしっかりと吸収できるようになり、健やかになった血流に乗って食材の栄養素も全身に運ぶことができるのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です