悩める男性必見!顔のテカりの原因と対策




本記事では、多くの男性が悩んでいる顔のテカりの原因と対策をご紹介する。

男性の皆さんの中には、顔のテカりに悩んでいる方が多いだろうが、その原因や対策方法を把握されている方はどれだけいるだろうか。

鏡を見た瞬間はテカりを気にしても、ひとたび鏡の前を離れれば、テカっていることを忘れてしまう方も多いのではないか。

それはそれで幸せなことかもしれないが、周囲の方はあなたのテカりを見ているはずだ。

昨今では、清潔感のある男性を好む女性が増えていると言われているが、テカりはそれと相反するので、気になる女性のいる方は注意が必要だ。

本記事では、多くの男性が悩んでいる顔のテカりの原因と対策をご紹介する。

ぜひ、テカらなくなるためにもご参考いただきたい。



そもそもなぜテカるのか?

女性と比較し、男性の顔がテカりやすい理由は、光沢感が強く表れるきっかけの皮脂が分泌されやすいことが関係している。

その根底にあるのは、女性よりも男性の方が体内に存在している男性ホルモンの量が多いことです。

そのため、基本的に男性は女性よりも光沢感が生じやすいが、中でも生涯の中で最も男性ホルモンの量が増えて動きが活発化する10代から20代にかけては特にテカりやすい。

また、分泌される皮脂の濃度が高い場合は、男性の中でも光沢感が強く生じやすくなる。

こうした皮脂の分泌により、表皮に光沢感が生じ、テカりの原因になるが、さらに深掘りしていくと体質的に脂性肌ではないのにも関わらず、分泌量が多くなり結果的に光沢が生じている方もいる。

体質的には光沢感に悩まされないものの、光沢が生じてしまう方は、表皮が慢性的に乾燥状態に陥っていることが原因であることが多い。

肌を保護するために脳が不足している分を積極的に分泌させるように指示を出すため、過剰分泌となり清潔感が気になる肌質になってしまうのだ。



スキンケアが逆効果になることも!?

テカりを気にしている方や昨今増えているメンズスキンケアを徹底している方が、肌の状態を気にしすぎるあまり行っているスキンケアが逆効果に繋がっている事例もある。

スキンケアを習慣化させることが大切であることは間違いないのが、気にしすぎることでつい指先に力を入れすぎた状態でこすり洗いをする方が少なくない。

指先に力を入れすぎてしまうと、本来残しておかなければならない潤い成分までも取り除いてしまい、摩擦により傷ついた表皮を修復させるべく分泌量が増えるため、洗顔をすればするほど分泌量が増加してしまう。



泡立て洗顔はやっぱり重要!

男性の顔のテカりを対策するためには洗顔時に使用するフォームをしっかりと泡立てて、濃密な泡を作り出した上で泡を肌の上で転がすように洗い上げることが大切だ。

泡立てネットなどを使用して濃密な泡を生み出してから洗い上げると、毛穴の奥深くに蓄積している古い老廃物に至るまで除去できるようになる。

あるいは、泡で出てくるタイプの洗顔料を使うのも手だろう。

そのため、顔色のトーンが明るくなり、濃密な泡がクッションとなり指で摩擦を与えてしまう心配も無くなる。

一見すると、洗い終えた後はタオルで水気を吸い取っただけの方がさっぱりとしていて、有効的な対策に繋げられそうな印象をお持ちの方も多いかもしれないが、洗い終えた後に水気を吸い取っただけでは時間の経過と共に水分量が減少していく一方なので、洗い終えた後は潤いを与えるべく化粧水を手に取り塗布すべきだ。

化粧水で肌に潤いを与えた後は、与えた潤いが逃げてしまわないようにクリームや乳液をさらに上から塗布して蓋をしますがポイントになるのは額や鼻筋、顎など元来分泌量が多い箇所はクリームや乳液を使用しない方が良いだろう。



食事にも注意が必要!

10代や20代の男性の顔がテカりやすい原因は、根本的に男性ホルモンの量が多く、働きも活発であることは前述の通りだが、揚げ物やお菓子、ジャンクフードなどを好みやすい年齢であることも関係している。

食事から摂取した油は体内に摂り込まれた後毛穴から分泌されやすいため、できるだけ油が多い揚げ物やお菓子、ジャンクフードは口にしないように心がけつつ、日頃の食生活ではビタミンB群が豊富に含有されている食材を選ぶようにしていただきたい。

ビタミンB群とはビタミンB1やビタミンB2から構成されており豚肉をはじめレバーや豆類、うなぎや卵、納豆や玄米に豊富なので白米から玄米に変更したり、牛肉や鶏肉ではなく豚肉を選ぶというように食材を見直して献立を作るようにすべきだ。

もちろん、日々の生活習慣も重要性が高く早寝早起きを心がけつつ上質な睡眠が取れるよう、仕事やプライベートで感じるストレスも上手に発散する方法を見つけていただきたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です