全般

【医師監修】ニキビでお悩みのあなたに!ニキビの場所別の原因とは

  1. HOME >
  2. 美容 >
  3. スキンケア >
  4. 全般 >

【医師監修】ニキビでお悩みのあなたに!ニキビの場所別の原因とは

本記事では、ニキビの場所別の原因についてご紹介する。

疲労を感じている際や体調が思わしくない際に、ニキビができてしまったという経験がある方も多いのではないだろうか。

疲労や体調によってニキビができてしまうのは、ニキビが体調に大きく影響を受けるためである。

しかしながら、ニキビができる場所によって、その原因は様々である。

毎回同じ場所にニキビができるという方は、根本的な原因を把握し、適切にケアと治療を行う必要がある。

以下にて、場所別にニキビの原因をご紹介する。

この記事を監修した専門家~うるおい皮ふ科クリニック(皮膚科、美容皮膚科、漢方皮膚科、アレルギー科、形成外科)院長 豊田 雅彦~

  • 1964年、長野県生まれ。
  • 1990年、富山医科薬科大学(現・富山大学)医学部卒業。同大学皮膚科学講座に入局・研修医。
  • 1994年から2年半、米国ボストン大学医学皮膚科学教室に留学し、皮膚老化や神経など多彩な研究を行う。
  • 1996年、米国ワシントンDCで開かれた国際会議である研究皮膚科学会議年次総会で「色素細胞と神経の接着」にて最優秀研究賞を共同受賞。
  • 2002年、パリで開かれた国際皮膚科学会で「アトピー性皮膚炎のシクロスポリンによるかゆみの抑止効果機序」の発表にて臨床部門最優秀賞を単独受賞。
  • 2003年、富山大学皮膚科講師。
  • 2004年、米国マイアミで開かれた国際皮膚科学会で「抗アレルギー剤がかゆみを抑える新たなメカニズム」の発表にて研究部門最優秀賞を単独受賞。国際皮膚科学会において研究と臨床の両部門で単独世界一を受賞したのは当時世界初。
  • 2005年、うるおい皮ふ科クリニックを開業。
皮膚トラブルは松戸,八柱の皮膚科,うるおい皮ふ科クリニック
皮膚トラブルは松戸,八柱の皮膚科,うるおい皮ふ科クリニック

続きを見る

かゆみをなくすことをライフワークに掲げ、患者さんが希望を持てる診療に日々尽力。現在までに2,000以上の医学論文・医学専門書を執筆。また、国内外で年間最多250以上の講演会・学会発表・保健所指導を行う。受診患者の99%(年間約3万人)の症状を軽減〜消失に導いた、世界有数の皮膚病・かゆみのスペシャリスト。

西洋医学と東洋医学を融合させることで、かゆみを激減することに成功し、かゆみの漢方治療のパイオニアおよび個々の患者の症状に合わせたオーダーメイド治療の確立・啓蒙、発展に寄与。

「一人として手を抜かないハイクオリティー高度専門治療」を標榜し、午前9時から午後9時まで(時には日をまたぐこともある)、ノンストップ診療を行なう。評判が評判を呼び、北海道や九州、米国や東南アジアからも受診者多数。受付時間3時間以上前からできる患者の行列は有名。薬だけに頼らず、日常生活の中で病気・かゆみを克服する診療方針は、世界から絶大な信頼を得ている。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医、日本和漢薬学会評議員、日本研究皮膚科学会評議員、日本かたち研究学会理事、日本美容皮膚科学会・日本乾癬学会・日本皮膚免疫アレルギー学会・日本皮膚病理組織学会・日本皮膚悪性腫瘍学会・The Society for Investigative Dermatology、Federation of Clinical Immunology Societies 他会員。

<著者>(例)

『頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる』(三笠書房)

『図解版:頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる』(三笠書房)

共著・分担執筆:『東洋医学を極めた!漢方の名医9人』(現代書林)、『健康医学 本当はカラダに良いこと 本当はカラダに悪いこと』(フローラル出版)など

<インスタグラム>

肌活先生|皮膚科医によるアトピー・かゆみ等のお悩み相談室

ニキビでお悩みのあなたに!ニキビの場所別の原因とは

おでこ

ニキビができる場所で、最も多いと言われているのが、顔の中でも突出して皮脂分泌量が多いおでこである。

思春期を迎えた若年層に多く見られるが、成人を過ぎても相変わらず繰り返し発症し悩んでいる方は多いようだ。

おでこのニキビは、ホルモンのバランスに乱れが生じることが原因であるため、成長段階にある思春期の若年層に多く見られるが、成人を過ぎても発症する場合は、生活習慣が影響している可能性があり得る。

また、前髪がおでこにかかっていたり、シャンプー後にしっかり洗い流せていない場合、整髪料による刺激なども、発症する原因になると言われている。

前髪が触れないようなヘアスタイルにしたり、シャンプーの方法を見直しても改善の兆候が見られなければ、ストレスによりホルモンのバランスが乱れている可能性が高いので、規則正しい生活を心がけながら、しっかりと睡眠時間を確保し、食事内容も肉や脂分が多いメニューを選ばず、野菜をメインとして献立を考えることが必要になる。皮脂が多い部位であるため、洗顔できちんと皮脂を落とし、あっさりめの化粧水や乳液を選んで、皮脂と水分のバランスを整えていただきたい

眉間

おでこと同様に、Tゾーンにあたり皮脂の分泌量が多いため、思春期にニキビが発症しやすい場所として挙げられるのが眉間である。

部位の特性上、手で触れてしまいやすい場所でもあるため、手で触れたことにより細菌が付着してしまい、二次的な細菌感染から化膿することにより、悪化しやすい場所でもある。また、おでこのニキビと同様に前髪の毛先による刺激を受けやすい部位であることにも注意が必要である。

思春期の方であれば、おでこと同じく年齢上皮脂の分泌量が多くなっていることが原因だが、成人の場合、肝機能が弱っていると眉間にニキビができやすいと言われている。

肝機能を弱らせてしまう引き金になるのは、アルコール飲料や脂分が多い食事である。

そのため、飲酒の習慣や食生活の見直しを行いつつ、ミネラル分やビタミン(特に皮脂分泌を調整するビタミンB2やB6)が豊富に含有されていて、バランスに優れた食生活を送る必要がある。おでこと同様に皮脂をしっかりと落とし、化粧水などで肌状態を整える対策が重要である。

Tゾーンに位置している鼻は、おでこや眉間と共に思春期にニキビができやすい場所である。

鼻は皮脂分泌量が非常に多い上に、鼻にある毛穴は他の場所にある毛穴と比べて深いため、皮脂が蓄積しやすく、ニキビが多く発生しやすい場所なのだ。角栓と言われる毛穴詰まりは、皮脂の皮膚表面への出口である毛穴の角化異常により生じ、無理な角栓除去や頻回に手で触ることにより炎症ニキビが生じやすい。

年齢を重ねるほど少しずつ皮脂分泌量が減少するため、発症する機会は減少傾向になるものの、減りすぎると脳が必要最低限の皮脂量が維持できていないと判断し、分泌量を増量させるため、適度に保湿し潤いをキープする必要がある。

適度に潤いをキープしても、鼻にニキビができてしまう場合は、ストレスや疲労が蓄積していたり、臓器の機能が低下している可能性が高い。(但し、その場合は鼻と共に、鼻の下部にもニキビが生じやすいという特徴がある)

できるだけストレスが蓄積することを避けると共に、運動や趣味などでストレスを解消したり、休息を取るなどし、皮脂の分泌量を改善する必要がある。また、香辛料やカフェインなどの刺激物、砂糖の多い甘いもの、動物性の脂などの過剰摂取は皮脂分泌を促す一因となるので、食物にも注意が必要である。

大人になってから、ニキビの悩みが増える代表的な場所が頬である。

頬のニキビは、乾燥により皮膚機能が低下する外的要因に加えて、臓器の機能が低下するといった内的要因が、発生の原因になっている。

若年層の頃は、肌内部に十分な水分量を維持し続けられるものの、年齢が高くなるほど、維持できる水分量が減少してしまう上、同時にセラミドなどの潤い成分も失われていくため、バリア機能が低下してしまうのだ。

バリア機能が低下すると、些細な刺激でさえ、肌にとっては大きな刺激になってしまうため、常時ニキビができやすい状態になってしまう。バリア機能の低下して乾燥した頬の皮膚は肌荒れを起こしやすく、ニキビのもととなる角栓も生じやすい。頬杖をつく癖、枕などの摩擦、化粧品かぶれなども頬のニキビを悪化させる。

特に、誤った方法でスキンケアを行っている場合、直接的にニキビの原因になってしまうため、洗顔を含むスキンケアの方法について、誤った方法を採用していないか再度見直す必要がある。

胃腸をはじめとする消化器系や肝臓などの機能低下、ストレスや疲労によるホルモンバランスの乱れが原因となることもあるので注意が必要である。

口周り

大人になってから発症するニキビの場合は、疲労とストレスによる関係性が密接している。

特に、強いストレスと疲労を感じている時にニキビが生じる場所が、唇を含めた口周りである。口周りにできるニキビは治りにくく、再発しやすい傾向にあり、化膿してしこりやニキビ痕として残りやすいので早目の対策が必要である。

強いストレスと疲労を感じると、人体は胃腸の調子が悪くなるため、胃腸の調子の悪さが口周りのニキビとなって現れるのだ。また、ヒゲソリ負けや長時間のマスク着用も口周りのニキビの悪化因子になることを頭に入れておいて欲しい。

また、過度なストレスを感じていたり、睡眠不足に見舞われている時には、背中にもニキビが発症するが、背中の場合は他にも毛包炎などの皮膚疾患の可能性も高いため、症状が継続している際には医療機関を訪れることをおすすめする。

まとめ

いかがだっただろうか。

その他、HANDSUM+では、本記事でご紹介した以外のスキンケア方法やニキビ対策製品も多数ご紹介しているため、あわせてチェックいただきたい。

スキンケア | HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。
スキンケア | HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。

続きを見る

ニキビ | HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。
ニキビ | HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。

続きを見る

また、HANDSUM+では、メンズ美容やメンズファッション、その他お得情報をお届けするLINE公式アカウントも運営しているので、ご興味のある方は、ぜひ以下のリンクからLINEに登録していただきたい。

-全般
-

Copyright© HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。 , 2022 All Rights Reserved.