育毛/養毛

若はげの原因と対策

  1. HOME >
  2. 美容 >
  3. ヘアケア >
  4. 育毛/養毛 >

若はげの原因と対策

 

10代や20代前半で発症する若はげは、若年性脱毛症とも呼ばれており、対策が必要である。

男性の薄毛は9割が男性型脱毛症とも呼ばれているAGAであるが、円形脱毛症や脂漏性脱毛症も薄毛の原因になる。

そこで今回は脱毛症について詳しく説明し、その中で若はげに対する具体的な対策をご紹介していこう。

円型脱毛症と脂漏性脱毛症

円型脱毛症は部分的に毛が抜ける脱毛症で、ストレスや免疫機能の異常が主な原因である。

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰な分泌により毛が抜け、かゆみを伴うものであり、脂漏性皮膚炎が原因となり起こる脱毛症で、頭皮の環境が悪化すると抜け毛が進行し始める。

脂漏性脱毛症は思春期以降に症状が出る人が多く、特に紫外線が強く高温になる夏の時期に症状が悪化しやすいのが特徴である。

円型脱毛症も脂漏性脱毛症も専門的な治療が必要であるため、まずは皮膚科を受診するのが改善への第一歩である。



男性型脱毛症(AGA)のタイプ

男性の薄毛で最も多い男性型脱毛症は、頭頂部や髪の生え際から少しずつ薄毛の症状が出始めるものだ。

AGAのタイプはM字型、O字型、U字型の主に3種類に分かれ、日本人に最も多いのがM字型で欧米人はO字型が多い。

M字型は額の剃り込みが徐々に後退し、頭頂部の毛を少し残してM字型に薄毛が進行していく。

O字型は頭頂部が円型に薄くなり、進行すると後頭部と側頭部に毛が残るタイプである。

U字型は、額部分の毛が後退して側頭部と後頭部の毛がU字のように残るタイプだ。



若年性脱毛症とは…

若はげと呼ばれる若年性脱毛症や男性型脱毛症は、初期症状で見分けられる場合が多い。

抜け毛の量が以前に比べて明らかに増えた人や髪の毛が柔らかく弱くなった人は、男性型脱毛症の可能性が高い。

若年性脱毛症の場合は、中高年男性に比べると薄毛が改善する可能性が高いため早めの対策が望ましい。

若年性脱毛症を含む男性型脱毛症は、日本人男性の3割近くが発症しており、初期症状が出るのは20代から30代後半が多いが、10代から20代前半で薄毛の症状が出るケースもある。

男性型脱毛症は男性ホルモンやストレス、生活習慣の乱れなど様々な理由で発症する。

そして、進行性の脱毛症であるため、何もしないで放置していると薄毛の症状が悪化していってしまう。



ヘアサイクルと抜け毛の関係

毛周期とも呼ばれているヘアサイクルには成長期と退行期、休止期がある。

髪が生まれて丈夫な髪に成長するのが成長期で、成長が止まって抜け落ちる準備期間が退行期であり、毛母細胞の細胞分裂が止まるのが休止期で、髪は一生の間で何回もヘアサイクルを繰り返す。

ヘアサイクルが正常であれば薄毛にならないが、何らかの原因でヘアサイクルが乱れると若年性脱毛症や男性型脱毛症の原因になり、進行するほど治療に時間と費用がかかってしまう。

成長因子の不足など様々な理由により成長期の髪が十分に成長できないと、薄毛が徐々に進行していく。

薄毛を改善するには、抜け毛の進行レベルに適した対策が必要である。



男性型脱毛症の予防

AGAの対策で重要なのが予防であり、初期症状が出ていない場合は予防を徹底するべきである。

また初期症状が出ていても若くあまり進行していない場合は生活習慣のを正すことによって改善されっる場合もある。

予防で重要なのが十分な睡眠と栄養摂取で、夜更かしをしないで質の良い睡眠を取ることだ。

食事に気を遣うことで髪に良い影響を与えるタンパク質やビタミン、ミネラルを摂取することができる。

若い男性は皮脂の分泌量が多く過剰な皮脂は炎症やニキビ、抜け毛の原因になる。

そのため、髪を洗うときは肌に合うシャンプーを用意して、頭皮を意識しながら指の腹を使って丁寧に洗うことがポイントだ。

また育毛シャンプーを使うことで、頭皮のトラブルを防ぎ育毛効果も期待できる。

さらにシャンプーの後に育毛ローションなどを塗布して頭皮マッサージをすると、血行が良くなり頭皮に栄養が行き渡るようになる。

また初期症状が出ていても年齢が若くあまり進行していない場合はこのような対策を行うことや生活習慣を正すことによって改善される場合もある。



AGAの可能性が高い場合は

AGAの初期症状チェックでAGAの可能性が高かった場合は、脱毛の原因にアプローチできるケアを行おう。

若はげの進行を抑える対策のひとつが、抜け毛予防や毛髪の成長促進に役立つ成分が含まれた育毛剤を塗布することである。

育毛剤を使用する場合は、薄毛が気になる部位を中心に塗布するので、頭皮の痒みやフケの予防にもつながる。

最近はサプリメントの種類が多くなり、育毛系のものも増えているためサプリメントを摂取することもおすすめだ。

毎日の食事で、タンパク質とビタミン、ミネラルを摂取するのが基本だが、育毛系のサプリメントを加えると髪の成長をサポートしてくれる。

育毛系のサプリメントには、髪の成長を促して抜け毛を防ぐ成分が配合されているため、摂取すると頭皮全体をケアすることができる。

なお、HANDSUM+では、おすすめの育毛剤をまとめているので、以下の記事もあわせてチェックいただきたい。

メンズにおすすめの育毛剤10選 | HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。
メンズにおすすめの育毛剤10選 | HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。

続きを見る



AGA治療

ここまでご紹介してきた薄毛の予防対策を行っても、若年性脱毛症や男性型脱毛症の症状が進んだ場合は、AGA治療を行うべきだ。

AGA治療の中心は薬物治療で、脱毛を抑える治療薬と発毛を促す治療薬が使われる。

AGA治療の期間には個人差があるが、半年から1年が目安である。

日本にはAGA専門のクリニックが全国にあり、患者の症状に合わせた治療を行ってくれる。

そしてAGA治療薬が欲しい場合は、AGA専門クリニックで処方してくれる。

ドラッグストアで販売されている育毛剤や発毛剤を併用すると、より育毛効果が期待できるだろう。



まとめ

いかがだっただろうか。

本記事を参考に、早いうちから脱毛症の対策を心がけてほしい。

また、HANDSUM+では、メンズ美容やメンズファッション、その他お得情報をお届けするLINE公式アカウントも運営しているので、ご興味のある方は、ぜひ以下のリンクからLINEに登録していただきたい。

-育毛/養毛

Copyright© HANDSUM+[ハンサム]|男にも「美」を。 , 2021 All Rights Reserved.