夏こそ必須!足の臭い対策の方法




本記事では、男性向けに、足や靴の臭い対策を行う方法をご紹介する。

夏はどうしても汗で靴中が蒸れてしまい、臭いが発生してしまいがちだ。

特に年齢が上がるにつれて、足の臭いに悩まれる方は多くなってくるのではないか。

しかし、男性であればいつでもスマートにいたいし、足が臭いなど避けたいのが当然だ。

そこで、本記事では、足や靴の臭いケア方法をご紹介する。

以下2つのチェックポイントに沿って、ぜひ実践いただきたい。

なお、夏だけではなく、一年間を通して足や靴の臭いに悩まれる方も多いだろうが、本記事でご紹介する方法は、夏に限らず、一年間を通して有効な方法である。

チェックポイントその1. 除菌スプレーは絶対!

そもそも、靴や足が臭くなる理由はなにか。

実は、汗自体には原因はない。

足の裏から分泌される汗自体は無臭なのだが、問題はそこに繁殖する細菌である。

靴を履いた足は湿度と温度が高く、細菌が繁殖しやすい環境となっている。

繁殖した最近が足裏から汗と一緒に流れ出る古い皮脂を分解することで、悪臭が発生するのである。

このメカニズムに対処するには除菌スプレーがまずは効果的である。

例えば、得意先から帰ってきた後や、MTG後のタイミング等で、靴を一度脱ぎ除菌スプレーをするのが効果的だろう。

一方で、注意してほしいのは、除菌効果がない芳香剤などは悪臭自体への防止効果はないため、避けてほしい。

具体的には下記のような無香料の除菌スプレーをおすすめする。



チェックポイントその2.靴は疲れやすい!必ずローテーションしてあげよう!

続いてのチェックポイントは、基本的に靴は毎日変えることだ。

少なくとも2足、できれば3足を持っておき、ローテーションしてあげるのがよい。

理由として、靴を1日履くとその日の汗などが靴に染み込んでしまうが、これらが靴の湿気の原因にもなり、同時に悪臭の原因にもなるのだ。

そこで、靴は基本的に毎日違うものを使用し、休ませている靴は野外の風通しの遠いのよい場所に日干ししよう。

これは靴の臭い防止だけではなく、長持ちにも役立つのでぜひ実践してほしい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です