メンズにおすすめのローファー3選




本記事では、メンズにおすすめのローファーをご紹介する。

男性の皆さんは、一足はローファーをお持ちだろうか。

ローファーはフォーマルで大人っぽい印象を演出できるだけでなく、通常の革靴にはない洗礼されたエレガントさを兼ね備えいてる。

そのため、社会人はもちろん、学生でも是非一足持っておきたいところである。

ところが、ローファーは学生靴としても使われているため、店頭には数多くの種類が並べており、アイテム選びを間違い易いアイテムでもある。

アイテム選びを間違えると、せっかくの大人っぽい雰囲気が台無しになってしまう。

そこで、本記事では、HANDSUM+がおすすめするローファーをご紹介する。



1.バーウィック タッセルローファー ボルドー | バーウィック(Berwick

まずご紹介するのは、スペインの靴ブランド「バーウィック(Berwick」のローファーだ。

イギリスのクラシックテイストと、イタリアやフランスの色気をうまく融合させたデザインとなっており、多くの靴好きを魅了している。

デザインもさることながら、ブランドとして品質が最重要としており、熟練の職人の高い技術によって作り上げている。

バーウィック タッセルローファー ボルドー」は、非常にバランスの取れたデザインとなっており、綺麗めなコーディネートから、カジュアルなコーディネートまで幅広いシーンで活躍できる一足となっている。

 

バーウィック タッセルローファー ボルドー (Berwick 8491-K1 ROIS BURDEOS)

バーウィック タッセルローファー ボルドー (Berwick 8491-K1 ROIS BURDEOS):クリックでAmazon商品ページ

2.StandardLFR/ローファー | ジャラン スリウァヤ(Jalan Sriwijaya

次にご紹介するのは、インドネシアの靴ブランド「ジャラン スリウァヤ(Jalan Sriwijaya)」のローファーだ。

靴の聖地であるイギリスのノーザンプトンやフランスで修業した創業者が、立ち上げたブランドだけあり、デザインから履き心地まで、隅々までこだわり抜かれた製品となっている。

「StandardLFR/ローファー」は、フレンチシックなデザインであり、全体的なバランスが秀逸な一足となっている。

熟練の職人の手縫いにより、履きこむことで、パーソナルレベルでの履き心地の良さを体感できるため、是非一足履き込んでいただきたい。

 

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) 【別注】 <Jalan Sriwijaya> StandardLFR/ローファー 14316995897 3960 WINE(39) 8

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) 【別注】 <Jalan Sriwijaya> StandardLFR/ローファー 14316995897:クリックでAmazon商品ページ

3.オペラシューズ ウィングチップ | ハルタ

最後にご紹介するのは、日本の靴メーカーである「ハルタ」のローファーだ。

「ハルタ」と聞くと、学生靴を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。

そんなブランドイメージのある「ハルタ」だが、実は大人向けの革靴でも良品を多数取り揃えている。

学生靴にも選ばれ続けるくらい、抜群の履き易さがあることはもちろん、絶妙な革の光沢感で、高級感を演出している。

オペラシューズ ウィングチップ」は、この高級感で、14,000円程度の価格となっており、コストパフォーマンスが非常に高い。

[ハルタ] オペラシューズ ウィングチップ 3E 本革 メンズ 712 ブラック 26.5 cm 3E

[ハルタ] オペラシューズ ウィングチップ 3E 本革 メンズ 712:クリックでAmazon商品ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です