あなたは大丈夫!?女性にダサいと思われるファッションアイテム5選




本記事では、女性にダサいと思われるファッションアイテムについてご紹介する。

婦人服の市場規模は、紳士服の市場規模の約3倍程度と言われている。

それだけの規模の差があることから分かる通り、女性は男性よりも遥かにお洒落に対して敏感であり、ファッションに対して目が肥えている人が多い。

その目は男性に対しても向けられており、その人のファッションは、男性としての評価に大きな影響を与えているようだ。

モテたいと考えている男性は、当然自身のファッションについて気を遣っていると思うが、気を遣って選んだアイテムが、実は女性から「ダサい」と思われている可能性もある。

そこで、本記事では、HANDSUM+編集部スタッフが女性に対して調査した結果をご紹介する。

是非、本記事でご紹介するアイテムについて気を付けながら、お洒落な自分を演出して頂きたい。

1.趣味やメッセージが描かれたTシャツ

個性を演出しようと、自身の趣味が描かれたTシャツやメッセージなどが書かれたTシャツを着る男性が一定数存在する。

もちろん、そこに個性を感じ、評価をしてくれる女性も少なからずいるかもしれないが、多くの女性にとっては「そこまで趣味を主張してほしくない」「自己陶酔したようなメッセージで嫌だ」という印象を抱くようだ。

大人っぽい男性を演出するためにも、過度なデザイン性のものは避け、シンプルなデザインのものを選ぶ方が、女性から好印象を得られそうだ。

2.襟や袖に装飾のあるシャツ

差別化が難しいシャツで、どうにか個性を主張しようと襟や袖に装飾のあるシャツを選ぶ男性が一定数いるようだ。

本来大人っぽいアイテムであるシャツに、装飾があるというアンマッチは、当然女性にも違和感があるように映るため、多くの女性は「量販店でてきとうに買ったように見える」という印象を抱くようだ。

イギリスやイタリア製のシャツに学び、シャツはオーソドックスなシンプルなものを選ぶ方が、女性から好印象を得られそうだ。

3.過度にチェック柄を施したアイテム

地味な印象を消すために、やたらとチェック柄を取り入れる男性が一定数いるようだ。

チノパンなどの裾の折り返しや、シャツの袖口、靴下まで、様々な場所にチャック柄を取り入れる男性に対して、女性は「ファッションに目覚めた中学生みたい」という印象を抱くようだ。

もちろんチェック柄がすべて悪いわけではないが、過度に取り入れることを避けた方が、女性から好印象を得られそうだ。

4.ブランドの主張が強いアイテム

ブランドは、自らの財力を示すことができるだけでなく、ブランドの後ろ盾があることで、お洒落感を演出することができるという考えから、ブランド名を過度に主張したアイテムを持つ男性が一定数いるようだ。

しかし、多くの女性は「成金っぽい」「ブランド名を押し出し過ぎて自分に自信がなさそう」という印象を抱くようだ。

ブランドものを取り入れる場合も、ワンポイントに留めるなど、過度に主張し過ぎない方が、女性から好印象を得られそうだ。

5.装飾性の強い腕時計

一流ブランドの腕時計は非常に高価であるため、多くの人にとっては雲の上の存在である。

そんな腕時計でなんとか周りと差別化しようと、スケルトンデザインのものなど、装飾性の強い腕時計を身に着けている男性が一定数いるようだ。

もちろん、一流ブランドからも装飾性の強い腕時計が販売されているが、多くの女性は「おもちゃみたいでダサい」という印象を抱くようだ。

無理して背伸びするよりも、身の丈にあったブランドで、シンプルなデザインを選ぶ方が、女性から好印象を得られそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です