秋のファッションで男性が注意すべきこと5選




本記事では、秋のファッションで男性が注意すべきことについてご紹介する。

Tシャツにショートパンツなど、シンプルなファッションが多くなる夏と比較して、秋の方がファッションにおける選択肢の幅が広がる。

ファッションにおける選択肢の幅が広がるということは、ファッションで周囲と差が付きやすいということでもある。

男性の中には、周囲と差が付きやすいということで、秋のファッションに悩んでいる方も多いではないだろうか。

せっかく日頃見た目を磨くことに努力をしていても、ファッションがダサいだけで、女性からは「ダサい男」としての烙印を押されてしまう。

そこで、本記事では、そんな秋に注意すべきことについてご紹介する。



1.季節感がないファッション

特に9月の下旬はまだ暑い日もあるため、まだ夏服をそのまま着ている人と言う人も多いのではないだろうか。

着ている本人からすると、快適な服を選んでいるだけでも、周囲の人からすると「季節感がない」という印象を受けてしまう。

特に、デートに季節感のないファッションで言ってしまうと、「一緒に歩きたくない」という風に感じてしまう女性が多いようだ。

“お洒落は我慢”とよく言われるように、自身の快適さを追い求め過ぎず、季節にあった服を選んでいただきたい。



2.TPOが合っていないファッション

前述の通り、秋は夏に比べてファッションの選択肢の幅が大きく広がる。

そんな秋になり、気合いが入り過ぎてTPOに合わないファッションとなってしまう男性も多いようだ。

例えば、夏には暑くて着れなかったジャケットを、やたらと着てくる男性を目撃したことがあるという方も多いではないだろうか。

秋は、夏とは別のアクティビティの機会が多く、そうした場には、カジュアルなファッションが最適である。

そんなシチュエーションに綺麗めでカッチリとキメたファッションで行くと、「痛いやつ」という烙印を押されてしまう危険性がある。



3.柄物を多様したファッション

秋は季節柄、柄を使用したデザインのアイテムが多数販売される。

そんな中、地味な印象にならないために、柄物を多用する男性が多いようだ。

アクセントとして少し加える程度であれば、お洒落になる柄物も、多用してしまうと「ただのダサい人」になってしまう。

また、柄物は基本的にカジュアルな印象が強いデザインであり、どこか子供っぽい印象になりやすいので、デートなどで使う時は、十分に注意いただきたい。



4.清潔感のないファッション

清潔感があることは、ファッションでお洒落をする上で必須条件である。

しかし、Tシャツとショートパンツという夏に比べて、シャツやロングパンツなどを使用する秋は、どうしても服に毛玉やシワが付きやすく、清潔感を保つのが難しい。

必須条件である「清潔感」を守れず、毛玉のある服や、シワシワの服でデートに行けば、女性からの評価はガタ落ちしてしまうだろう。

そのため、秋はより強い意識を持って、自身の服装をチェックする必要がある。



5.無駄な装飾のあるアイテムを使ったファッション

秋になると、シャツやチノパンを使ったファッションが増えてくる。

そうしたオーソドックスなアイテムほど、周囲と差別化するために、袖や襟などに無駄な装飾があるアイテムを選ぶ男性が一定数いるようだ。

本来、綺麗めで大人っぽいアイテムであるアイテムに、装飾があるというアンマッチは、子供っぽい印象を与えてしまう。

周囲の人と差別化するどころか、女性からは「オタクっぽい」「センスがなさそう」という烙印を押されてしまう危険性がある。

イギリスやイタリア製のシャツから分かる通り、オーソドックスなアイテムは、やはりシンプルなものを選ぶことをおすすめする。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です