6月に聴きたい!おすすめの邦楽10選




今回の記事では、6月に聴きたいおすすめの邦楽をご紹介する。

男性の皆さんは、6月に聴きたい邦楽と言われて、どの曲を思い浮かべるだろうか。

6月は梅雨の時期なので、雨に関するの曲だろうか。

それとも、ジューンブライドとも言われる月なので、結婚式に関する曲だろうか。

もしくは、梅雨が明けたらすぐに夏、ということで、6月から夏歌を聴き始めている方もいるかもしれない。

今回の記事では、そんな様々なシーンを思い浮かべることができる、この6月という月を彩るための、おすすめの邦楽をご紹介する。

1. はじまりはいつも雨|ASKA

はじまりはいつも雨

はじまりはいつも雨:クリックでAmazon商品ページ

6月の梅雨の時期に聴きたい曲と言われて、ASKAの「はじまりはいつも雨」を挙げられる方も多いのではないか。

曲自体は1990年代にリリースされた曲であるため、今の20~30代の方は、馴染みが無いという方も多いかもしれないが、言わずと知れた名曲である。

40代以上の方とのカラオケでもウケが良い曲のはずなので、知らなかった方はこの機会にぜひ聞いてみていただきたい。



2. レイニーブルー|徳永英明

Rainy Blue 〜1997 Track〜
Rainy Blue 〜1997 Track〜:クリックでAmazon商品ページ

こちらも雨の日に聴きたい曲として挙げられる方が多いのではないか。

2つ目にご紹介する曲は、徳永英明の「レイニーブルー」である。

この曲自体も1990年にリリースされた曲であるが、徳永英明は、2000年代にカバー曲のアルバムをリリースしており、若い方でも馴染みのある方は多いのではないか。

徳永英明のハスキーな高音ボイスが、雨の日の恋をうまく表現している名曲である。

3. 雨のち晴れ|Mr.Children(ミスターチルドレン)

雨のち晴れ

雨のち晴れ:クリックでAmazon商品ページ

誰もが知るアーティスト、Mr.Childrenの「雨のち晴れ」もこの時期にぴったりの曲だ。

雨が降る時期に頑張るサラリーマンを応援するストーリー仕立ての歌詞が、聴く人をどんどん詩の世界に誘ってくれる。

ミスチルは女性人気も高いので、カラオケの持ち歌として練習しておいても損のない曲でもある。



4. 群青日和|東京事変

群青日和

群青日和:クリックでAmazon商品ページ

新宿は豪雨、という印象的な歌詞から始まるのが、東京事変の「群青日和」だ。

明るいメロディーなので、この曲を聴けば、雨の日のどんよりした気分も晴れるだろう。

また、ボーカルの椎名林檎のセクシーさが際立つPVも必見だ。

5. CAN YOU CELEBRATE?|安室奈美恵

CAN YOU CELEBRATE?

CAN YOU CELEBRATE?:クリックでAmazon商品ページ

結婚式の定番曲と言っても過言ではないのが、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」だ。

国民的歌手の代表曲ということで、知らない方は居ないだろう。

そんな安室奈美恵も、今年の9月で引退を発表しており、世間をにぎわせているためか、昨今カラオケなどでも歌われる機会が増えているということだ。



6. 恋 | 星野 源

恋
恋:クリックでAmazon商品ページ

星野 源の「恋」もこの時期におすすめの一曲である。

今や、人気急上昇中のアーティストのこの曲は、曲中のダンスが非常に有名であり、結婚式の余興や会社のイベントなどで踊った経験のある人が多いのではないか。

踊ったことがある人もない人も聴き慣れている為、つい口ずさんでしまう人気の曲だ。

7.  Wherever You Are|ONE OK ROCK

Nicheシンドローム
wherever you are:クリックでAmazon商品ページ

ONE OK ROCKの「wherever you are」も最近の結婚式で定番化している曲である。

20代、30代の方であれば多くの方が知っているのではないか。

ボーカルのTAKAの美しいハイトーンボイスが際立つ珠玉のバラードソングだ。



8. 愛をこめて花束を|Superfly(スーパーフライ)

愛をこめて花束を

愛をこめて花束を:クリックでAmazon商品ページ

長年の付き合いがある方に、感謝を込めて花束をプレゼントするシーンを描いたSuperflyの「愛をこめて花束を」も、この時期にぴったりの曲だ。

こちらもカラオケなどで人気であることに加え、最近では結婚式などでも利用されることの多い曲だ。

ボーカルの越智志帆の突き抜けるようなハイトーンボイスもまた、この時期のどんよりした気分を明るく変えてくれるだろう。

9. 糸|中島みゆき

命の別名/糸

命の別名/糸:クリックでAmazon商品ページ

こちらも言わずと知れた結婚式の定番ソングである中島みゆきの「糸」だ。

様々なアーティストにカバーされて歌いつがれており、今やだれもが知っている名曲だ。

縦糸と横糸をあなたとわたしに例え、幸せを仕合わせと表現した歌詞は、非常に印象に残る内容だ。



10. 花束|back number(バックナンバー)

花束

花束:クリックでAmazon商品ページ

昨今大人気の3ピースロックバンド、back numberが2011年にリリースした2枚目のシングル「花束」もこの時期にぴったりの曲だ。

爽やかなボーカルやギターに乗せられた甘酸っぱい歌詞は、女性からの支持率も高い。

こちらも、結婚式でよく利用される曲の一つである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です