モテる男は読んでいる!男を磨く本10選




どれだけ見た目にこだわり、スキンケアやヘアセット、ファッションなどに力を入れても、それだけでモテるわけでない。

見た目以上に大切になってくるのが、内面の魅力である。

そこで、本記事では、内面を磨くことができるおすすめの本をご紹介する。

是非、本記事でご紹介する本を読み、内面を磨いていただきたい。

1.遺書 | 松本人志

遺書

遺書 新書:クリックでAmazon商品ページ

まずご紹介するのは、お笑い芸人である松本人志氏の「遺書」だ。

“お笑いの天才”とも言われている松本人志氏が、自身のお笑い観について記した本である。

自らが信じるものを追い求める探究心や、その過程で他人とぶつかることを厭わない姿勢、また権力というものに立ち向かっていく姿勢が、生々しく描かれており、男を磨くエッセンスが多数散りばめられている。

2.不道徳教育講座 | 三島由紀夫

不道徳教育講座 (角川文庫)

不道徳教育講座 (角川文庫) 文庫:クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、日本だけでなく、海外でも高い評価を得ている作家・三島由紀夫氏の「不道徳教育講座」だ。

本書は、三島由紀夫氏が独特なユーモアで、逆説的な道徳のすすめを書いたものである。

ウソやいじめ、忘恩などの悪徳を奨励し、内的欲求を素直に表現することで、本来あるべき原始的な本能を取り戻せるだけでなく、人間心理を見通す鋭いを目を養うことができる。

3.自分の中に毒を持て | 岡本太郎

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫) 文庫 :クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、日本を代表する芸術家である岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」だ。

常に”当たり前”と闘ってきた岡本太郎氏が、自身の価値観を書き下ろした本である。

常識を疑うと共に、自分の心の声に誠実に生きることの美しさを教えてくれるだけでなく、そうした生き方から湧き出てくるエネルギーを感じさせてくれる本である。

4.深夜特急 | 沢木耕太郎

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫) 文庫 :クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、ノンフィクション作家である沢木耕太郎氏の「深夜特急」だ。

沢木耕太郎氏が自身の一人旅(インド~イギリス)を描いた紀行文である。

旅人のバイブルとして知られる本書は、旅に出た時に感じる興奮や喜び、孤独感、焦燥感など、読むだけで旅に出た時のように感性が揺さぶられる本である。

5.何でも見てやろう | 小田実

何でも見てやろう (講談社文庫)

何でも見てやろう (講談社文庫) 文庫 :クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、作家であり政治運動家でもある小田実氏の「何でも見てやろう」だ。

前述の沢木耕太郎氏が影響を受けたと言われている、欧米・アジア22ヶ国を貧乏旅行した紀行文である。

若さと勇気の体当たり紀行文は、旅のワクワク感やハラハラ感を、まるで自分の目で見ているように感じることができ、感性を磨くことができる本である。

6.自助論 | サミュエル・スマイルズ

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫 文庫 :クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、イギリス人作家であるサミュエル・スマイルズの「自助論」だ。

「天は自ら助くる者を助く」という独立自尊の精神を広めた、古典的名著である。

アダム・スミスやニュートン、シェークスピア、ミケランジェロ、コロンブス、ガリレオ・ガリレイなど、様々な人物のエピソードを交えながら、「自助」の精神の大切さや、自分の弱さとの向き合い方を教えてくれる本である。

7.若きサムライのために | 三島由紀夫

若きサムライのために (文春文庫)

若きサムライのために (文春文庫) 文庫 :クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、「不道徳教育講座」でもご紹介した三島由紀夫氏の「若きサムライのために」だ。

三島由紀夫節で、日本が直面する現状を厳しく批判し、日本文化や”当たり前”とされている価値観、そして生き方を問う本である。

当たり前とされている価値観に対する毒の持ち方、現状の日本における先見を教えてくれる本となっている。

8.SHOE DOG | フィル・ナイト

SHOE DOG(シュードッグ)

SHOE DOG(シュードッグ) 単行本 :クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、世界的なスポーツブランドであるナイキの創設者フィル・ナイトの「SHOE DOG」だ。

ナイキの創設者が、いかにしてナイキを世界的なブランドにしてきたかを綴った伝記である。

様々な困難やトラブルに直線する中、夢と信念、友愛を原動力に、前に進み続ける姿勢が描かれており、男として学ぶべきことに満ちた本となっている。

9.人を動かす | デール・カーネギー

人を動かす 文庫版
人を動かす 文庫版 単行本:クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介するのは、アメリカ人作家であるデール・カーネギーの「人を動かす」だ。

人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則について、様々な実例を基に書き起こした本である。

薄っぺらい自己啓発本と違い、世界各国で読み継がれている歴史的ベストセラーであるだけあり、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交えた原則が書かれており、男女問わず、人の心の突き動かし方を学ぶことができる。

10.思考は現実化する | ナポレオン・ヒル

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき
思考は現実化する_アクション・マニュアルつき :クリックでAmazon商品ページ

最後にご紹介するのは、アメリカの著作家であるナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」だ。

新聞記者として世界の鉄鋼王アンドリュー・カーネギーにインタビューをした事をきっかけに、500名以上の成功者の研究をして、成功哲学を体系化したものを纏めた本である。

確固たる願望、決断、信念、忍耐を持つことの大切さについて、アンドリュー・カーネギー、トーマス・エジソン、マハトマ・ガンジー、ウィルバー・ライト、ヘンリー・フォード、ジョン・D・ロックフェラー、JPモルガン・ジュニアなど、誰もが一度は聞いたことがある、超有名人の実例を基に教えてくれる本となっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です