好印象を勝ち取ろう!デートで食事に行く時に意識すべき5つのこと




本記事では、意中の女性から好印象を勝ち取るために、デートで食事に行く時に意識すべきことについてご紹介する。

素敵なレストランを予約するだけでは、デートで意中の女性から好印象を勝ち取ることはできない。

一方で、忙しい男性の皆さんの中には、素敵なレストランを予約するだけで満足してしまっている人も多いのではないだろうか。

しかし、どれだけ雰囲気が良いレストランや美味しい食事でも、それだけでは他の男性も簡単に真似できてしまう。

そのため、相対的に好印象を勝ち取るためには、気遣いのできる男性や余裕のある男性を演出する必要がある。

本記事でご紹介した点を意識し、是非意中の女性から好印象を勝ち取って頂きたい。


1.注文前に好き嫌い・アレルギーを聞く

注文前に必ず好き嫌いやアレルギーを聞くことをおすすめしたい。

好き嫌いやアレルギーで、食べられない食材がある人も多く、またそうした場合に自分から言い出せないという女性も多いようだ。

そんな時に、サラッと好き嫌いやアレルギーの有無を確認できると、気遣いができる男性という印象を与えることができる。

男らしさをアピールするために、率先して迷わず決断していくという男性も多いようだが、逆に人を気遣うことができない男性という印象を与えてしまう危険性があるので、注意して頂きたい。


2.食べにくいものや手が汚れるものを避ける

食べにくいものや手が汚れるものは、どうしても食べ方が汚くなってしまうため、そうした姿を見られることを嫌う女性も多いようだ。

同様に、骨が多く食べるハードルが高い焼き魚なども、特に初デートの際などは避けることをおすすめする。

食べ方を気にせず、会話や食事に集中することができれば、変に気を遣わずに、自然と楽しい時間を過ごすことができるため、好印象を得られる可能性がグッと高まるはずだ。


3. 匂いがきついものを避ける

ニンニクなどの匂いが強いものは、その後の急接近するかもしれないシチュエーションや、翌日の予定にも大きく影響するため、特にまだ親しい間柄でないと避けたいと感じる女性も多いようだ。

また、初デートともなると、気合いを入れてお洒落をしてくれる女性が多い中で、服や髪に匂いがつくようなお店選びも避けることをおすすめする。

具体的には、焼肉や分煙がされていないお店、目の前で鳥を焼いてくれる焼き鳥屋さんなどだ。


4. バランスの取れた注文をする

「1.注文前に好き嫌い・アレルギーを聞く」で、特段女性側に野菜が嫌いなどの意見がなければ、バランスよく料理を注文することをおすすめする。

肉料理やジャンクフードが好きな男性が多く、ガッツリ食べたいという想いから、見た目や栄養の偏った料理を注文してしまう男性もいるようだ。

しかし、女性は男性よりも栄養バランスに気を遣うと言われており、そんな女性の前で偏った注文をしていると、気を遣えない男性という印象を与えてしまう危険性がある。


5. 二軒目の有無を踏まえた注文をする

レストランでの食事のあと、解散するのか、或いは二軒目でバーやカフェに行くのかまで踏まえて、注文することをおすすめする。

仮に二軒目にバーに行く場合は、一軒目で飲むお酒の量をある程度抑える必要があり、またカフェでコーヒーやデザートを注文するようであれば、一軒目ではコーヒーやデザートの注文を避ける必要がある。

こうした二軒目までを考えた注文が行えていると、自然と余裕のある男性という印象を与えることができる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です