朝から爽やかな笑顔を手に入れるために意識すべき5つのこと




毎朝、仕事や授業のために、眠い目を擦りながら起きているという男性も多いのではないだろうか。

眠気があると、頭が働かないだけでなく、うまく笑顔を作れず、女性から「無表情」「生気がない」といった評価をされてしまう危険性もある。

そこで、本記事では、朝から爽やかな笑顔を手に入れるために意識すべきことについてご紹介する。

本記事を参考に、女性から「爽やか」という評価を勝ち取って頂きたい。

1.適切な睡眠時間を確保する

個人個人で適切な睡眠時間は異なるが、一般的には7~8時間が理想だと言われている。

この適切な睡眠時間に対して、多すぎても少なすぎても、起床後に眠気を感じることになる。

また不十分な睡眠や過度な睡眠は、目の充血や腫れなどの原因にもなってしまう。

是非、自身の適切な睡眠時間を把握すると共に、毎日適切な睡眠時間を確保するように意識して頂きたい。


2.ブルーライトを浴びない

電子機器の画面が放つ光ブルーライトは、人間が浴びる光線のなかで最もエネルギーが高いと言われている。

そのため、就寝前にブルーライトを浴び続けていると、確実に目が冴え渡ってしまう。

その結果、眠りが浅くなり、睡眠の質が悪化してしまう可能性が高くなるのだ。

できるだけ就寝前スマホを触らないなどのルールを決めることをおすすめしたい。


3.暴飲暴食をしない

胃に負担をかけてしまうと、どうしても寝つきが悪くなってしまう。

そのため、適量を越えた量のお酒の摂取はもちろんのこと、胃に負担の掛かる揚げ物や辛いものなどの過剰な摂取は、避けた方が良いだろう。

また、就寝前に胃に負担をかけると肌荒れの原因になる可能性もある。

少量であっても、就寝2-3時間前の食事は、避けることをおすすめしたい。


4.脳に刺激を与えない

脳が興奮している状況では、眠りが浅くなってしまう。

ホラー映画やアクション映画などは、ハラハラ感を与えてくれる一方、脳を興奮状態にしてしまう。

そのため、ホラー映画やアクション映画などを、就寝前に鑑賞することは避けた方が良いだろう。

また、筋トレなどの運動も脳に刺激を与えてしまい、目が冴えてしまう原因になるので、就寝前の実施は、避けることをおすすめする。


5.不安になることを考えない

悩みの大きさはあれど、すべての人が何かしらの悩みを持っているだろう。

しかし、それを就寝前に考えてしまうと、どうしも不安に頭が占領されてしまう。

不安に頭が占領されると、なかなか寝付けないだけでなく、睡眠の質の悪化に繋がってしまう可能性もある。

悩みは尽きないが、悩み事は翌朝考えるなど、対策を考えることをおすすめしたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です