モテる男性の内面的な特徴10選




どれだけ見た目にこだわり、スキンケアやヘアセット、ファッションなどに力を入れても、それだけでモテるわけでない。

見た目以上に大切になってくるのが、内面の魅力である。

そこで、本記事ではモテる男性の内面的な特徴についてご紹介する。

ぜひ、本記事でご紹介する特徴を意識し、今日から実践していただきたい。

1. 人の目を気にし過ぎない

人の目を気にし過ぎず、常に自分の考えに従って行動している男性は、強い自信や信念があるように見える。

こうした強い自信や信念がある男性は、頼もしく、そして魅力的に映るのである。

一方で、人の目を気にするということは、周囲の人の顔色を気にしているということである。

周囲の人の顔色を気にして行動していると、どうしても自信がない、芯がないように見えてしまう。

また、他人目線で生きていると、他人の意見に流されやすく、個性がなくなってしまい、女性から「その他大勢」に分類されてしまう可能性がある。

但し、一切人の目を気にせず行動していると、気を遣えない人になってしまうため、注意いただきたい。



2. 常にポジティブ

常にポジティブで、前を向いて生きている男性は、強く明るいオーラを放っている。

過去に起きたネガティブなことを引きずることなく、無駄な愚痴や悪口などを言わず、未来がより良くなるように考え、行動しているため、自然と周囲の人も明るい気持ちになる。

そうしたポジティブな姿勢は、「自分にはできる」という自信の表れでもあるため、女性に対してかっこよく映るだろう。

また、女性が将来を考えた時、様々な困難に直面しても、この人と一緒なら、楽しく乗り越えられるというイメージを抱きやすいため、常にポジティブな男性は魅力的に見えるのだ。



3. どんな失敗に対しても潔い

挑戦には、失敗がつきものである。

仕事やスポーツのみならず、恋愛においても、必ず失敗は起こってしまう。

そんな時、モテる男は、どんな失敗でも爽やかに受け入れる。

自信がない人は、失敗を受け入れられず、自分を守るために言い訳を探してしまうが、モテる男は、失敗によって自分の価値が下がらないことを知っているため、潔く失敗を受け入れ、すぐ次に向かう。

そうした潔さは、男らしい爽やかさに繋がるため、女性に魅力的に映るのだ。



4. 細かい点まで気が回る

細かい点まで気が回るという点も、モテる男性に共通して言える点である。

女性の細かな変化や、言動から読み取れるサインまで、細かい点に気が付き、しっかりとケアできると、やはり女性としても一緒にいて心地よいと感じるはずだ。

また、対女性に関わらず、仕事面においても、細かい点まで気が回るというのは非常に重要であり、ビジネスマンとしても高く評価される点でもある。

そのため、細かい点まで気が回ることが、仕事できるという側面に繋がり、結果として女性にかっこよく映るのだ。



5. 誰の前でも態度が変わらない

よく、店員さんに対して横暴な態度を取る男性はモテないということが指摘されるが、それは力関係によって態度を変えてしまうという側面の一つでもある。

例えば、職場において、立場が上の人とそうでない人の前で、明らかに態度が変わるという点も、非常にネガティブに映ってしまう。

モテる男性は、誰の前でも態度が変わらず、真摯に対応するため、大人で信頼感のある男性という評価を得られるはずだ。



6. 人を否定しない

モテない男性の多くは、やたらとその人自身や、その人の行動を否定したがる傾向がある。

特に、中途半端に仕事ができる人ほど、相対的に相手のことを下げ、自分の方が上であることを証明するために人を否定する。

一方、モテる男性は、大前提として自分に自信があると共に、「自分は自分、人は人」と切り分けられてるため、人のことを否定せず、しっかりと受け止められる。

そのため女性には、大人の余裕があり、懐が深く安心感のある男性として映るのだ。



7. 努力を怠らない

モテる男性は、どんなことにも努力を怠らない。

仕事はもちろん、趣味や人間関係、自身の身体を含む身だしなみなど、抜かりなく努力をしている。

そうしたストイックな努力の姿勢が、女性からかっこよく映るだけでなく、結果として、仕事デキる、人望が厚いなどの魅力にも繋がっていくのだ。



8. 自分の取り組んでいることに誇りを持っている

やはり、自分の取り組んでいることに誇りを持っている男性はかっこいい。

物事で結果を出すには、運や才能も重要な要素になってくる。

そのため、女性から「結果よりも、自分自身のやっていることに誇りを持っていることが重要」という意見が多数寄せられている。

また、自分の取り組んでいることに誇りを持っているは、輝いて見えるため、より魅力的に映るはずだ。



9. 優しすぎない

好みの男性を聞かれて「優しい男性」と答える女性は多い。

もちろん優しさは重要であるが、優しすぎることは、優柔不断や自信のなさ、自分の意見がない人などのマイナスの印象を与えてしまう可能性がある。

時には、その人のためになると思えば、厳しいことを言える男性こそ、女性から求められる男性である。



10. 素直で見栄を張らない

どんなにデキる男性でも、全能ではないので、当然できないことはある。

自信があることは良いことではあるが、自分ができない時でも、「デキる」を突き通してしまうと、ただの見栄っ張りになってしまう。

そういう時に、素直にできないと言える人が、真に自信のある男性である。

普段自信がある人が、素直にできないというシチュエーションに、母性本能をくすぐられると言う女性も多いようだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です