イチローに学ぶ!男を磨く名言3選




一流の人間には、一流である理由がある。彼らは多くの人を魅了し、老若男女問わず惹きつける。

是非とも彼らの思考から魅力的な人間になるためのヒントを探したい。

本記事では、一流の人間の思考を学ぶべく、野球界のレジェンドであるイチローの名言をご紹介する。

そもそもイチローとは?

イチローの流儀 (新潮文庫)

イチローの流儀 (新潮文庫):クリックでAmazon商品ページ

イチローは、日本人であれば、誰でも知っているといっても過言ではないプロ野球選手である。

1991年のプロ野球ドラフト会議において、当時の「オリックス ブルーウェーブ」からドラフト4位で指名され、入団。以降、日本のプロ野球の歴史の中で、初めて年間200本安打を達成し、7年連続で首位打者のタイトルを取得。

2000年には、ポスティングシステムにより、メジャーリーグ球団の「シアトル マリナーズ」へ移籍した。メジャーリーグ移籍後においても、年間安打数でメジャーリーグ記録を抜き去るなど、輝かしすぎる成績を残し続けてきた。

昨今は、歴史的に停滞したMLBのFA市場の中に取り残され、世界中からその去就に注目が集まっていたが、結果として、古巣「シアトル マリナーズ」へ移籍した。



イチローの名言3選

1.努力に関する名言

努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

努力の重要さを教えてくれる名言。

イチローは日本のプロ野球のみならず、メジャーリーグにおいても天才打者と呼ばれているため、多くの方が、生まれ持った才能が違うと感じられているだろう。

しかし、イチローは自分には生まれ持った才能があるわけではなく、尋常なまでの努力をしてきた結果が今の自分であると説明している。

女性からすれば、調子に乗らず、ひたむきに努力のできる男性は、非常に信頼できる魅力的な男性に映ることだろう。

2.挑戦に対する名言

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

辛いことや大変なことなどは決して悲観的なことではなく、むしろ成長できるチャンスであることを教えてくれる名言。

多くの方は、極力辛いことや大変なことなどから逃れたいと考えるだろう。

しかし、イチローに言わせれば、そのような場面は、そのような場面を乗り越えられる人にしか訪れないとのことだ。

そして、そのような場面を乗り越えることで、さらに次のステップに進めるチャンスでもあると捉えている。

女性からすれば、逆境な場面でも、ポジティブに挑戦できる男性は、非常に頼りになる魅力的な男性に映ることだろう。



3.準備に関する名言

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

準備の捉え方を変えてくれる名言。

準備と聞くと、ネガティブなイメージを持つ方も多いのではないか。

しかし、いざ本番で失敗した時に、あの時にああしておけば、こうしておけば、などとタラレバの言い訳を述べる方もそれと同じぐらい多いだろう。

そんな後悔をしないためにも、イチローは準備を入念に行っているという。

女性からすれば、どんな場面でもきっとりと準備をし、本番で毎回成功できる男性は、非常にかっこよく魅力的な男性に映ることだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です