UVAやUVBとは?日焼け対策の基礎知識




男性の皆さんは以下の日焼け対策関連用語の違いはわかるだろうか。

  • UVA
  • UVB
  • UBC
  • SPF
  • PA

そもそもこれらが日焼け対策に関連する用語かすらわからなかった方も多いだろう。

今や女性だけでなく、男性も日焼け止めを駆使しした日焼け対策が当たり前の時代になってきている。

今回は、上記の日焼け対策関連の用語を解説していく。

紫外線の種類

まず、UVA、UVB、UVCの3つは紫外線の種類である。

このうち、UVCはオゾン層に吸収され、地表には届かない。

よって、肌に直接影響を与える紫外線はUVA、UVBということになる。

UVA、UVBそれぞれをご紹介していこう。



UVA

まず、UVAとは、肌の奥の真皮という部分にまで達し、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させる紫外線だ。

これが、シワやたるみを引き起こす原因となるのだ。

また、UVAはガラスを通り抜けるとも言われている。

つまり、屋内でも紫外線の影響を受けるということだ。

オフィスでの内勤が多い方でも、窓際の席に座っていたりすると、外出していないにもかかわらず、紫外線の影響をたっぷり受けていることになる。

UVB

UVAが肌の内部に影響を及ぼす一方、こちらのUVBとは、皮膚に対する刺激が強く、肌に炎症を起こす紫外線だ。

皆さんの想像するいわゆる「日焼け」はこちらのUVBが影響しているものだ。

長時間日焼けしたときは、水泡ができ、火傷状態になる方もいるだろうが、シミや皮膚がんの原因となり得るので注意が必要だ。

また、UVAがガラスを通り抜ける紫外線である一方、こちらのUVBはガラスを通り抜けないので、特に屋外での注意が必要だ。



日焼け止めの指標の種類

次にSPF、PAだが、こちらは日焼け止めの指標の種類である。

SPF、PFそれぞれをご紹介していこう。

SPF

SPFとは、UVBをカットする力を指しており、30、50といった数値で表示される。

数値が大きいほど、UVBをカットする力が強くなる。

外回りが少ない人はSPF20程度で十分だが、外回りが多い人は30程度、夏場だと50程度が必要だろう。



PA

PAとは、UVAをカットする力を指しており、+の数で強さが表示れる。

+の数が多いほど、UVAをカットする力が強くなる。

外回りが少ない人はPA++程度で十分だが、外回りが多い人はPA+++以上が必要だろう。

HANDSUM+では、下記のようにおすすめ製品をご紹介しているのでチェックしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です