要注意!?秋の肌荒れ原因と対策




夏の暑さが和らぎ、少しずつ過ごしやすくなってきている一方、肌荒れが気になるという男性も多いのではないだろうか。

実は、秋と言う季節は肌が荒れやすい季節とも言われている。

そこで本記事では、秋の肌荒れの原因とその対策についてご紹介する。

肌荒れの原因を理解し、しかっりと対策を行うか否かで、肌のコンディションは大きく変わってくる。

ぜひ本記事を参考に、肌のケアを行っていただきたい。

秋の肌荒れの原因は?

1.夏の紫外線ダメージの蓄積

皆さんは夏の間に紫外線のケアを十分に行っただろうか。

夏は、紫外線が最も強い季節であるだけでなく、肌の露出が増えるため、他の季節よりも紫外線を浴びる機会が多くなる。

夏の間に浴びた紫外線は、ダメージとして肌に蓄積しており、紫外線のケアを行っていなかった場合、肌には相当なダメージが蓄積していることになる。

蓄積したダメージにより、シミやそばかすが出てきたり、カサつきが目立つようになってしまうのだ。



2.気温低下による血行の流れの悪化

夏が過ぎると徐々に気温が低下していく。

気温が低下して過ごしやすくなる一方で、血行の流れが悪くなってしまうのも秋の特徴である。

血行の流れが悪化するのことで、老廃物が蓄積してしまったり、皮脂や汗の分泌が減少し、カサつきが目立ったりしてしまうのだ。

3.運動頻度の減少

夏は、海やプールなど自身の肉体をお披露目する機会が多いことから、気合いを入れて運動していたという男性も多いのではないだろうか。

一方、秋になるとそうしたお披露目の機会がなくなることで、急激に運動の頻度が減ってしまう傾向があるようだ。

その結果、代謝が悪化し老廃物などが溜まってしまうため、肌荒れの原因となってしまうのだ。

また、運動によるストレス発散の機会が減少するため、ストレスの蓄積により肌荒れが引き起こされてしまうこともあるようだ。



秋の肌荒れの対策

1.保湿力のある化粧水+乳液

夏の間は、快適さを求めてさっぱりとした使い心地の化粧水を使っていたという男性も多いのではないだろうか。

しかし、前述の通り、夏の間に肌には大きなダメージが蓄積し、肌の乾燥を引き起こしてしまうため、保湿力のある化粧水に切り替えることをおすすめする。

また、普段は乳液を使わないという男性も、乳液を取り入れるなどし、徹底的に肌の保湿を行っていただきたい。



2.湯船につかる

夏の間はシャワーで済ませてしまうという男性もいるようだが、秋はシャワーで済ませず、湯船にしかっり浸かることをおすすめする。

湯船に浸かることで、血行が促進されるため、気温低下に伴う血行の流れの悪化を和らげてくれるのだ。

気温が下がることで、湯船にも浸かることで、夏場のように入浴後に汗が止まらないということもないので、ぜひ習慣的に行っていただきたい。

3.適度に運動する

夏場のように鍛えた成果を披露する場がないと、どうしても運動のモチベーションは保ちにくい。

また、仕事が忙しく、夏場のように気合いを入れた運動をする時間を取り続けるのは難しいという男性も多いのではないだろうか。

実際、代謝を良くしたり、ストレスを発散するだけなら、夏場のように気合いを入れた運動をする必要はない。

ジョギングや腕立て伏せなどの軽い運動で良いので、一定の頻度を保ちながら、継続的に行うことをおすすめする。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です