長持ちさせよう!シェーバーのおすすめ手入れ方法




電気シェーバーはカミソリなどとは違い、手軽にひげやムダ毛などをそり落とすことができるので大変便利です。

麻などのような忙しい時間帯でも、すぐにお手入れができる便利グッズになります。

手軽にひげやムダ毛などを処理することができますが、お手入れなどを何もしないで使い続けると雑菌などが繁殖してしまいます。

雑菌が繁殖している状態で使い続けてしまうと、肌のトラブルの原因になってしまうので注意することが大切です。

最近の電気シェーバーの中には自動的にクリーニングしてくれるモデルがありますが、そのよう機能がついていない場合は自分でお手入れをしなければいけません。

電気シェーバが自動的にクリーニングをしてくれるタイプでも、説明書などには定期的にお手入れをするように記載されていることがほとんどです。

そのように記載されている場合は、説明書をよく読み定期的にクリーニングをするようにしましょう。

自分でクリーニングなどのお手入れをする電気シェーバーでも、種類によって方法が異なるので気をつけなければいけません。

安価なモデルの場合に多いのが、水洗いなどができないことになります。

水洗いができないタイプの場合は、付属しているブラシなどでお手入れをしていかなければいけません。

電気シェーバーに付属しているブラシを使い、刃などに付着しているひげやムダ毛などをしっかりと取り除いていきます。

本体内部にもムダ毛などが入り込んでいることが多いので、細部までしっかりとブラッシングしていくことが必要です。

しっかりと汚れなどを取り除いた後は、専用のオイルなどを刃などに塗っていきます。

オイルを塗らなければ、刃などに錆などが発生することが少なくありません。

長持ちさせたいと考えている場合は、クリーニングの後には必ずオイルを塗るのが正しい方法になります。

水洗いができるタイプのモデルは、付属しているブラシであらかじめひげやムダ毛などを取り除いておきましょう。

ブラッシングをする時には、外刃と内刃の両方をしっかりとかけるようにします。

毎日使う場合は、週に一度の間隔でブラシをかけるようにすることが必要です。

ブラッシングをする時には、刃に手などが触れてケガなどをしないように注意することが大切になります。

ブラシをかけた後にするのは、水を使いムダ毛などを洗い落としていくことです。

水洗いをする場合には、メーカーごとにどこまで濡らして大丈夫なのか違うので気をつけなければいけません。

取扱説明書をよく読み、自分の電気シェーバーに合わせた作業を行うことも大切な方法の一つです。

水で汚れなどを洗い落とした後は、乾いたタオルなどで水分を取り除いていきます。

水分をよく拭き取ったら、風通しのよい場所に置いて乾燥させることが大切です。

外刃などを取り外しておくと、細部まで乾燥させやすくなります。

しっかりと乾燥したら、専用のオイルを塗ることも忘れてはいけない大切な方法です。

このようなことを心がけて使うようにすると、電気シェーバーを長持ちさせることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です