あなたは大丈夫!?髭を剃る適切な頻度とは




身だしなみを考える場合、男性の場合は、女性に比べても髪の毛以外に髭のことも考えなければなりません。

特に、セールスマンなどスーツを着こなしている人は髭が生えているだけで悪い印象を残してしまう可能性があります。

そのため、毎日のように剃る人もいますが可能な限りまわりの人が不快に思わない程度に剃るのが基本となっているでしょう。

ただ、人によってはなかなかそろわずに伸ばしている人もいます。では、一体どのような頻度が正しいと言えるでしょうか。

実は、あまり知られていませんが正しい頻度と呼ばれるものも存在しています。

まず、基本的には1日一1を心掛けるようにしましょう。

特に剃る時間帯は決まっていませんが、おおむね時間帯も2種類に分かれています。

それは、朝出勤前に剃る人とお風呂に入っているときに行う人です。

朝の出勤前は、一番髭が短い状態で出勤することができるため不快感を与えることはないでしょう。

そのような意味においては、朝起きて歯を磨いた時に剃刀を入れるのは正しいやり方とも言えます。

ただ、そこまで濃くない人は無理して朝行う必要もありません。

どのようなタイミングでそったらよいかといえばお風呂に入っている時でもよいといえます。

お風呂に入っているときは、肌が柔らかくなっています。

柔らかくなっている時はひげそり負けをしにくいといった特徴があることを理解している人は多いはずです。

肌の弱い人ならばなおさら、無理して朝それよりもおふろに入っている段階でそってしまった方が傷をつけにくくなります。

では、ひげが薄くて荒れやすい人の場合はどうしたらよいでしょうか。

荒れやすい人は、そるたびに肌が赤くなってしまったり血が出るようなことも少なくありません。

この場合には、伸びたときに行うのも一つの方法になります。

その頻度は人によって異なりますが、二日に一度や三日に一度でもかまいません。

ただ、伸びた時といっても周りにどのように思われているかも気になるところです。

そこで、一人ぐらいは助言者をつけておくことが大事です。

助言者といってもあまり自分と関係が深くない人よりも、関係が深い下の方がよいかもしれません。

なぜなら、関係が深い人の方が的確にアドバイスをしてくれるからです。

せっかく良い頻度でひげそりをしたとしても、きれいにそれていなければあまり意味がありません。

そこで、きれいに剃るためのコツですが、まず髭の流れに沿って行うことが重要になります。

特に、肌が弱い人は毛の向きに剃ることで肌の負担を減らすことが可能になるでしょう。

後は、電気カミソリを使う場合、通常のカミソリよりも剃りのこしが多くなる可能性があります。

この場合でもある程度肌に押し付けてもよいですが、あまり何度も押し付けると血が出てしまう可能性がありますので注意しなければなりません。

女性のひげそりに関して言えば、男性のように濃い人はあまりませんので、2週間から3週間に1度ぐらいで十分と言えます。

あとはその肌質によって頻度を変えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です