敏感肌のメンズにおすすめ!花王の「キュレル 乳液」




本記事では、花王から発売されている「キュレル 乳液」をご紹介する。

男性の皆さんは、そもそも乳液を使用しているだろうか。
昨今では、化粧水を使用する男性は、徐々に増えているようだが、乳液まで使用している人は少ないのではないか。

まず、男性の皆さんは、乳液を使用する目的をご存知だろうか。

その答えは、「保湿」である。
化粧水は肌に水分を与える「保水」を目的とするが、これに対して乳液に含まれる油分は水分を閉じ込め蒸発を防ぐ役割があるのだ。

実は男性の肌というのは、女性に比べて水分保持の役割を担う「角質層」の面積が小さい。
このため、保持水分量が少なく、水分が蒸発しやすいのである。
そこで、上記のような役割がある乳液は必須と言える。

本記事では、そんな乳液のうち、花王の「キュレル 乳液」をご紹介したい。



ご紹介製品:キュレル 乳液 | 花王

キュレル 乳液 120ml

キュレル 乳液 120ml:クリックでAmazon商品ページ

概要

製品名キュレル 乳液
タイプ乳液
メーカー花王
内容量120mL
価格1,780 円 *Amazon(2018/5/27)
1mL当たり価格約14.8円
特徴①敏感肌におすすめの弱酸性×無香料×無着色、②セラミド配合、③プッシュ式で量の調節が楽々



製品カテゴリ・使用シーン

本記事でご紹介する製品は、花王の「キュレル 乳液」だ。

また、製品カテゴリは「乳液」である。
冒頭にも述べたように、乳液を使用する目的は、「保湿」である。
化粧水や美容液の使用後に乳液を使用することで、それらの効果を閉じ込め、水分の蒸発を防いでくれるのだ。
また、乳液に含まれる油分は、皮脂の代わりに皮膚を保護する役割がある。

おすすめポイント・特徴

①敏感肌におすすめの弱酸性×無香料×無着色

本製品は、弱酸性、無香料、無着色であり、余分なものや人によっては相性が悪く肌トラブルに繋がる可能性がある成分が含まれない。

また、アレルギーテストや乾燥肌の人を対象としたパッチテストにより、皮膚に対する刺激性を確認しており、敏感肌の方でも安心して使える製品になっている。



②セラミド配合

「キュレル」ブランドの特徴の一つが、「セラミド」成分へのこだわりだ。

花王では、乾燥性敏感肌という言葉がなかったころから、肌トラブルに悩む切実な声に耳を傾けてきた。

信頼できるスキンケアを届けたいという信念のもと、外部刺激から肌を守る必須成分「セラミド」に着目し、1987年に世界で初めてセラミド機能成分をスキンケア製品に配合した。

そして、キュレルは花王の「セラミド」研究の成果を活かして、1999年に「乾燥性敏感肌ブランド」として誕生した。

セラミドは、誰の肌にもある必須成分であり、肌の角層細胞どうしの隙間を満たし、細胞どうしや水分をつなぎとめており、肌の奥から生まれくるものだ。

肌には、本来的に、乾燥やほこりなど肌荒れを引き起こす外部刺激から肌を守るための働きが備わっており、花王ではその働きを肌の「バリア機能」と呼んでいる。

「セラミド」は、このバリア機能を機能させる主成分なのである。

充分な「セラミド」で満たされた肌は、バリア機能の働きが高く、外部刺激で肌荒れしにくい状態で、潤ってキメが整っている。



③プッシュ式で量の調節が楽々

本製品はよくあるキャップタイプではなく、ハンドソープのようにプッシュ式になっている。

そのため、忙しい朝につい手に乳液を出しすぎてしまうといったトラブルや、ボトルを床に落として中身がこぼれてしまうといったトラブルと無縁で、機能性に優れている。

また、「昨日は少し肌が乾燥気味だったから、今日はワンプッシュ増やしてみよう」というように、量の調節が楽々でき、大変便利である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です