メンズにも必要!?ファンデーションの使用方法




本記事では、ファンデーションの使用方法をご紹介する。

デートや重要な商談の際など大切な時であれば、誰でも見た目をかっこよくキメて行きたいものだ。

とはいえ、肌に何らかのトラブルを抱えており、かっこよくキメきれなかった、苦い体験をしたいことのある人も多いのではないか。

そんな肌のトラブルを、すぐに何とかカバーをしたいという方におすすめなのが「ファンデーション」である。

「男でファンデーションなんか嫌だ」、「女性がするもので男がするのはおかしい」などの考えを持っている人もいるかもしれないが、男性用ファンデーションは急速に普及をしている。

今回はそんな便利なアイテムである「ファンデーション」の効果や使い方をご紹介する。



ファンデーションとは?

男性の中には、ファンデーションという名前は聞いたことがあっても、どんなものかわからないという方も多いのではないか。

ファンデーションとは、肌の上から同じ肌色を塗って、毛穴やニキビ、シミ、そばかすなどを目立たなくして綺麗に見せる化粧品である。

女性用のファンデーションと男性用のものは基本的には同じであるものの、男性用のものは少し暗めの色になっており、周囲からファンデーションをつけていることがわかりづらくなっている。



ファンデーションの効果

ファンデーションは、目立ちやすい顔の肌荒れをわかりづらくしてくれる。

ニキビでボコボコしてしまった肌や開いた毛穴、汚く生えてしまったヒゲを目立たなくして、肌を明るく、きれいな状態に見せてくれるのだ。

また、ファンデーションを塗ることで、肌が紫外線やホコリなど外からの負担を軽減してくれる。



ファンデーションの使い方

ファンデーションは大きく分けて2タイプあるため、タイプ別に使用方法を見ていきたい。

パウダータイプ

パウダータイプは、名前の通り、パウダー状にしたファンデーションを固形にしたもので、メイクをしていることを気づかれたくないという方や、自然に肌をキレイにみせたいという方におすすめである。

使用方法としては、ファンデーションをパフまたはブラシに取り、顔の中心や骨ででっぱっている部分にのせていき、顔の外側に向かって馴染ませていくという手順である。

つけすぎてしまうと粉っぽく見えたり、首の色と違って悪目立ちしてしまうので要注意である。



リキッド・クリームタイプ

固形状のパウダータイプと対照的に、油性成分を含んでおりとろっとした液状のファンデーションがリキッド・クリームタイプである。

パウダータイプよりも伸びが良く、肌に浸透しやすいので、大事な時に肌の悩みをしっかりとカバーしたいという方におすすめだ。

使用方法としては、まず手に100円玉位手のひらにとり、顔の中心や骨ででっぱっている部分に乗せていく。

その後は、指や化粧用スポンジで、顔の外側に馴染ませるようにして塗っていけば完了である。

パウダータイプに比べ浸透も早いが、肌に与えるダメージも強いため、帰宅後はしっかりと洗顔をする必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です