美肌にも効果絶大!?紅茶の美容効果とは




本記事では、紅茶が持つ美容効果についてご紹介する。

紅茶が身体に良いということは良く知られおり、動脈硬化や高血圧、アレルギー反応の抑制などの効果を持っていると言われている。

しかしながら、こうした効用は、健康面だけでなく、美容面でも非常に高いと言われている。

以下では、そんな紅茶が持つ美容面での効果についてご紹介していく。

1. 抗酸化作用によるアンチエイジング

紅茶には、抗酸化作用があるため、細胞が酸化するのを防いでくれる効果がある。

細胞が酸化するというのは、鉄が酸化するようなイメージである。

鉄が酸化するとボロボロになって砕けてしまうのと同様に、細胞が参加すると、肌がボロボロになり、見た目もみずみずしさが失われてしまう。

この酸化を防ぎ、みずみずしい肌をキープしてくれるのが、抗酸化作用である。

抗酸化作用により、シミやシワができにくくなり、アンチエイジング効果を期待することができるのだ。



ハイドロキノンによる美白効果

紅茶には、美白効果が認められているハイドロキノンが含まれている。

このハイドロキノンは、化粧品にも使用されている成分でもあり、紅茶を飲むことで美白効果を期待することができる。

実際、紅茶と言えばイギリス人をイメージする人も多いかと思うが、イギリス人は綺麗な白い肌をしている人が多い。

また、このハイドロキノンはメラニンの生成を抑制するという働きもあると言われている。

シミの原因でもあるメラニンの生成を抑制することができるため、結果としてシミを抑制することができるのだ。



カフェインによるストレス解消

紅茶には、ストレス解消効果のあるカフェインが含まれている。

ストレスと美容の関係には疑問を持つ人も多いかもしれないが、実はストレスは美容と極めて密接な関係となっている。

人はストレスがかかると、身体が緊急事態だと判断し、心臓の鼓動を上げて、血流を増やし体温を上げて、緊急事態に備えた準備を行う。

この状態は極めて身体に大きな負荷を与えるため、ストレスが長くかかってしまうと、身体には様々なところで悪影響が出てしまうことになる。

この状態は、一時的に身体の機能を最大限にフル稼働状態にしているようなものであるため、それが長時間になれば、身体がこの負荷に耐えることはできない。

その結果、細胞レベルで傷ができたり、血管が傷ついたり、破れたりと大きなダメージを受けることになり、美容面で大きな影響が出るのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です