美容効果も抜群!?味噌の魅力とは




味噌は大豆を麹で発酵させ熟成させることによって栄養価も風味もよりアップしてつくられます。

近年ではお通じ改善のほかにも、美肌作用や骨を強くするなど、健康面でも美容面でもうれしい効果があると注目を集めています。

これまで長きに渡り日本人の食生活を支えてきた味噌は、発酵する過程で豊富な栄養成分が含まれます。

本来大豆には、良質な植物性タンパク質や、コレステロールを下げる働きを持っているリノール酸、女性ホルモンと似た働きを持っているイソフラボンなどが含まれています。

大豆の成分が麹の発酵作用によって分解されて、体内で消化吸収しやすい形で含まれるようになります。近

年では生活習慣病や骨粗しょう症予防などの健康面での効能が注目されていますが、その中でも大きな魅力を持っているものが美肌効果です。

大豆の成分が発酵の過程でできるリノール酸には、シミのもととなるメラニンの発生を抑える働きがあるといわれています。

近年では1日みそ汁を2杯飲むことで、頬にできたしみが減ることも明らかになっています。発酵、熟成の過程では、アミノ酸と糖が反応してできる成分に抗酸化作用があるので、老化予防効果も期待できます。

またより美肌効果を高めたいのであれば、白みそなどの米麹の割合が高い種類を選ぶことがよいとされています。

また角層の水分保持にかかわるセラミドの産生を促す作用もあります。

また種類によっては大豆イソフラボンが多く含まれて、骨粗しょう症の原因となる骨の吸収を抑える作用があるともいわれています。

それは豆味噌と呼ばれるもので、ほかの種類と比べると、発酵熟成の期間が長いことから、褐色成分で抗酸化作用を持つ成分が多く含まれています。

大豆と麦こうじが主原料となっている種類は、ほかのものよりも比較的麹の使用量が多いことから、炭水化物の量が多く、香りや甘みが強いのが特徴です。

反対に塩分が控えめになっているのはうれしい点と言えるでしょう。

味噌には人間の体をつくるためには欠かすことのできない必須アミノ酸が8種類と、ビタミンB群、ビタミンEなどのビタミン類、カリウムやカルシウムなどをはじめとしたミネラル類など様々な栄養成分が含まれています。

そして実は腸内環境を整えることにも有効だとされています。

腸内環境を整えることによって、便秘も解消され、ここから美肌効果にもつながることでしょう。

腸内の乳酸菌が増えることがわかっていて、乳酸菌の働きが活発になることで、便の排せつもスムーズになって、腸内がよりきれいになります。

腸内の粘膜組織の再生も活発になるので、老廃物を効率よく排出できるようになるでしょう。

このことから体内の老廃物をため込むこともなくなります。

腸がきれいになれば、ダイエットや美肌などが期待でき、アンチエイジングにもつながります。

腸も肌もきれいになることはうれしいことと言えるでしょう。

毎日の食事に上手に取り入れることによって、健康にも美容にも良い効果が生まれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です