アイコスでも肌荒れに!?タバコが肌に与える影響とは




近年、喫煙者は減少傾向にあると言われているものの、普段、仕事の合間やお酒を飲む際などにタバコを吸われる方は一定多数存在しているだろう。

また、最近は喫煙所の数が減ってきたり、禁煙のお店が増えてきているため喫煙者の数は減ってきている中で、喫煙自体をやめる方がいる一方で、アイコス(iQOS)と呼ばれる加熱式タバコに変えている方も多い。

紙のタバコが肌に対して与える影響がネガティブなものであることは予想がつくだろうが、アイコスに変えるとその影響はどうなるのだろうか。

以下に詳しくご紹介していきたい。

タバコが肌に与える影響とは?

SplitShire

タバコが肌に与える影響は様々あるが、その中でも大きく関係するのは一酸化炭素である。

タバコを吸うと身体に一酸化炭素が取り込まれ、本来なら酸素を運ぶべき血液中のヘモグロビンが、一酸化炭素と結合してしまい、細胞が酸欠のような状態になる。

酸素不足になった細胞は必要な栄養も送ることができなくなり、肌の色や唇の色が悪くなり、肌本来の働きが悪くなり、乾燥や肌荒れを招いてしまう。

また、タバコの煙に含まれる有害物質を攻撃しようと体内で活性酸素が発生し(タバコの煙そのものにもこの活性酸素は含まれているが)、活性酸素は細胞を傷つけ、体内のビタミンCやEを大量に消費してしまう。

肌にとって重要なビタミンCやEを壊してしまうと肌に悪影響を及ぼすことになり、肌のハリや潤いが失われてしまう可能性がある。

このように紙タバコは肌に悪影響を与えるもので、肌のことを考えれば控えることをおすすめする。



アイコスが肌に与える影響とは

freestocks.org

紙タバコと比べアイコスは肌にとってどのような点が違うのだろうか。

タバコの中でも有害な成分はタールと一酸化炭素であるが、アイコスは紙タバコと大きく構造が違い、タールと一酸化炭素の発生を抑えている。

アイコスに変えることでタールと一酸化炭素の体への取り込みを防いでいるため、肌への被害は大幅に抑えられている。



しかし、タバコが体に悪影響を与える重要な成分の一つがニコチンであり、アイコスは有害物質の多くをブロックしているものの、このニコチンは含んでいるので、中にはアイコスに変えても肌荒れが良くならないという人もいる。

ニコチンは人の自律神経に影響を与え、血管を収縮させてしまい、その結果血圧が高くなり血行が悪くなってしまう。

血行が悪くなると肌が乾燥しやすくなり、肌荒れの原因となってしまうので、アイコスに変えたからといって、完全に肌への悪影響を無くせる訳ではないということをご理解いただけたかと思う。

結論として、アイコスは紙タバコと比べ肌への悪影響は大分少ないものの、一部影響は残ってしまう。

さらなる肌荒れ対策としては、アイコスであっても吸う本数を減らしたり、タバコを吸うことで破壊してしまうビタミンCをしっかりと補給するなどがおすすめである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です