悩める男性必見!花粉症と肌荒れの関係とは




本記事では、花粉と肌荒れの関係、そしてその対策方法をご紹介する。

男性の皆さんは、花粉症に悩まされていないだろうか。

これからの季節、花粉症に悩まされる方が多いだろうが、男性が花粉症を放置してしまった結果、肌荒れが発生してしまうことがある。

特に最近の研究では、花粉症を放置してしまうと肌荒れが深刻化してしまうことが多いと報告されている。

また、これまで花粉症を始めアレルギーの症状に悩まされたことがない方であっても注意が必要だ。

アレルギーの症状は、一定の状況下で急に発症してしまうことがある。

そこで、本記事では、本記事では、花粉と肌荒れの関係、そしてその対策方法をご紹介する。



花粉症による肌へのストレスとその対策

花粉症を中心としたアレルギー性のくしゃみや鼻水によって、肌にストレスが溜まってしまうと言われている。

その肌に加わるストレスが蓄積していくことで、肌が荒れてしまうのだ。

この問題は、化粧水や乳液などの保湿によって、肌の保護を徹底したとしても、ほとんど効果が期待されないことが多い。

表面上だけ保湿したとしても、内側が荒れてしまっているため、すぐに元に戻ってしまうのだ。

なので、肌の表面ではなく、肌の内側から綺麗にしていくことが必要になる。

肌の内側から綺麗にしていくためには、ビタミンCなどの肌の再生を促す栄養素を摂取すると良いだろう。

特に、ビタミンCと一緒に摂取すると良い大豆イソフラボンは、肌質を改善させて、アレルギー性の症状によるダメージを修復することができる。

それ以外では、腸内環境を整えることによって、ストレスを低減させ、免疫力を高めることで、肌の荒れについても対策ができるだろう。

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌が重要だ。

乳酸菌による抗アレルギー効果は研究でも報告されており、毎日一定量を摂取するだけでも効果が期待される。

腸内細菌を増やすことによって、花粉によるダメージを低減させることができるのだ。



花粉症による鼻炎とその対策

花粉症の肌荒れの中でも非常に厄介なのは鼻炎だ。

特に鼻炎による肌荒れは、単純に乳液などで保湿したりしても、荒れた肌を元に戻すことはできない。

ビタミンCの摂取や大豆イソフラボンなどによる内側からの保護も通用しないことが多いだろう。

理由として、ティッシュを使用して鼻水を拭き取るときに一緒に鼻の下の油も拭き取ってしまうからだ。

結果的に鼻の下の表面が露出してしまい、鼻の下の内側にある水分や保湿成分が蒸発していく。

この問題を解決するためには、アレルギーによる鼻水を低減させることが重要になる。

ドラッグストアなどで市販されている抗アレルギー剤などを服用すれば対処できるが、アレルギーの症状は人それぞれで、医薬品の効果も保証できないので耳鼻咽喉科に受診することをおすすめする。

花粉症の症状は、専用のアレルギー治療薬を使用する必要があるのだ。

アレルギー治療薬を服用することで鼻炎の症状が低減され、鼻の下の肌荒れも緩和されていくだろう。



皮膚に付いた花粉によるトラブルとその対策

最近ではスギなどの花粉が直接肌に触れることによって炎症を発生させてしまうことも報告されている。

花粉皮膚炎と呼ばれるもので、マスクやゴーグルなどを着用していても、肌に付着してしまうとそれだけで炎症を発生させてしまうのだ。

この問題を防ぐためには、密閉できるマスクを使用するだけでなく、外出後は肌に付着した花粉を放置せずに洗い流すことが重要だ。

肌に付着した花粉は、洗顔料などのクレンジング剤で洗い流すことで対処できる。

もちろんクレンジング剤で洗い流してしまうと肌の油まで落としてしまうので、なるべく低刺激タイプの製品を使用するか、使用後の保湿を徹底していただきたい。

保湿を徹底しておかなければ花粉が肌に付着してしまい、更に肌荒れが悪化してしまうことがある。

もちろん花粉は肌だけでなく頭皮に加え、コートなどの衣類に至るまで付着してしまう。

特にコートやブーツなどに付着した花粉は、そのまま室内に取り込んでしまい室内が花粉で充満してしまうこともあるのだ。

なので、外出後に室内に入る前には必ず花粉を除去するようにすべきだ。

できれば、玄関に空気清浄機を設置するなどして外から花粉を室内に持ち込まないようにすることが重要だ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です