高い温度のお湯はNG!?男性向け洗顔方法の基礎




昨今、洗顔料であるものの、化粧品のように高い保湿効果が得られる製品が販売されており、汚れを取り除きつつスキンケアが行えるとして製品が人気だ。

ただし、保湿効果に優れている製品を買い求めて使用していても、すすぐ時のお湯の温度が高すぎるようでは、逆効果になってしまうことを男性の皆さんはご存知だろうか。

温度の高いお湯がNGである理由

洗顔に爽快感を求める男性は、お湯の温度を高める傾向にあるが、温度の高いお湯で洗顔を行ってしまうと、脂分が溶け出してしまう。

その結果、本来残しておかなければならない分まで除去してしまう恐れがあるのだ。

これは、食器洗いを行う際、水ではなく水温が高い状態で濯ぐと、油汚れがスムーズに除去できる仕組みと同一だ。

時折、皮脂を落とすほど綺麗な状態にすることができ、肌トラブルに見舞われる機会も減ると思われる場合があるだろうが、乾燥や肌荒れを引き起こす原因になってしまう。



成人を過ぎてから見受けられるようになる大人ニキビは、乾燥状態にある際に生じることがわかっているため、大人ニキビに見舞われる可能性も大幅に高まってしまう。

顔を洗うという行為は連日欠かさず行われることであり、かつ1日の間に何度も繰り返す行為でもある。

なので、毎度熱い水分で洗い流してしまうと、高い頻度で刺激を与えることになってしまい、老化が著しく進行してしまうことを念頭に置いていただきたい。



特に、我慢強い男性でも、気温が低い冬場はつい温水を求めたくなってしまい、温かい湯を用いて洗いたくなるものだ。

だが、この行為により、自らの肌を傷めつけているという事実を理解しなければならない。

また、常温の水分で洗い上げたとしても、年齢を重ねていくと皮脂量が減少することから、突っ張った印象を感じることがあるだろう。

突っ張りは、表皮が悲鳴を上げている状態なので、手間に感じられても必ずスキンケアを講じるようにすべきだ。

さらに、男性はつい指先に力を込めてこすり洗いをしてしまうことが多いが、表面に無数の傷を刻み込む要因になりシワとたるみを引き起こすので力加減にも十分注意していただきたい。



HANDSUM+では、おすすめの洗顔フォームをご紹介しているので、ご参考いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です