男性こそ気を付けよう!洗顔における5つのポイント




肌に気を付けて、意識的に洗顔を行っているが、肌のカサカサやベトベトが一向に治らないという男性も多いのではないだろうか。

肌はとても繊細であるため、ただケアを行うだけでは、かえって逆効果になってしまうリスクがある。

そこで、本記事では、洗顔を行う上で気を付けるべきポイントについてご紹介する。

毎日行うことだからこそ、ご紹介するポイントに気を付けながら、洗顔を行っていただきたい。

①ゴシゴシ擦るように洗わない

柔らかい泡で洗うことや、油分をしかっり落としたいという想いから、必要以上に力を入れてゴシゴシ擦るように洗ってしまう人が多いようだ。

顔は、その他の部位と比較し、肌が薄いとされており、ゴシゴシ擦るように洗ってしまうと、過度に肌に負担が掛かってしまい、結果としてカサカサになってしまうリスクがある。

そのため、泡をクッションに顔を撫でるように洗う必要がある。



②シャワーを直接当てない

入浴の際に洗顔を行う場合、手間をかけないために、シャワーを直接顔に当ててしまう人が多いようだ。

しかし、上述の通り、顔はその他の部位と比較し、肌が薄いとされていることに加え、シャワーの水圧は想像以上に強いことから、肌にかなりの負担を掛けてしまうことになる。

そのため、洗面器などに水を溜め、水を手ですくって顔を洗い流す必要がある。



③高温のお湯を使わない

サッパリする、シャキっとするという理由から、湯船と同じような高温のお湯で洗顔をおこなう人が多いようだ。

高温のお湯により、皮脂や汚れが落としやすくなる一方で、過度に顔の油分が落とされてしまい、結果としてカサカサになってしまうリスクがある。

そのため、ぬるま湯で洗顔を行う必要がある。



④タオルでゴシゴシ拭かない

特に、朝などの時間がないときに、素早く顔を乾かしたいという考えから、タオルでゴシゴシ拭いてしまう人が多いようだ。

どれだけ素材が柔らかいタオルを使用した場合でも、どうしても摩擦が発生していまうため、肌が乾燥してしまう原因になってしまう。

そのため、顔をタオルで覆い、表面の水分を吸い取るようにして、顔を拭く必要がある。



⑤1日に3回以上洗顔しない

特に夏場など、顔の油分が気になるシーンが増える男性の中には、1日3回以上洗顔をしているという人も多いようだ。

しかし、「高温のお湯を使わない」理由と同様に、過度に顔の油分を落としてしまうことで、結果としてカサカサになってしまうリスクがある。

また、そのカサカサをカバーしようと、肌が過度に皮脂を増加させ、余計に顔の油っぽくなってしまうリスクもあると言われている。

そのため、1日に3回以上洗顔することを避ける必要がある。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です