肌へのダメージを極小に!泡立て洗顔のススメ




男性の皆さんは、いつもどのように洗顔されているだろうか。

洗顔料を手に薄くのばして、そのまま顔に…という方も多いのではないだろうか。

男性の中ではあまり知られていないかもしれないが、洗顔のポイントの一つはしっかりと洗顔料を泡立てることである。

本記事では、泡立て洗顔のメリット、方法、そして泡立てが面倒な方へのおすすめ製品をご紹介する。

泡立て洗顔のメリット

泡立て洗顔のメリットはずばり、肌の負担を抑えつつ毛穴の奥の汚れを落とせることだ。

男性の洗顔の場合、手を直接顔に当ててゴシゴシと洗うパターンが多い。

しかし、実はこの方法では、毛穴の奥の汚れにはほとんどリーチできておらず、しかも肌に大きな負担をかけている。

しっかりと洗顔料を泡立てて顔にあてがうようにすることで、泡が毛穴に入り込み汚れを落としてくれる効果が期待できる。

しかも、顔に直接あたるのはソフトな泡になるので、肌への負担は極小となる。


泡立て洗顔の方法

それでは泡立て洗顔の方法をご説明する。

STEP1. まずは軽く水洗い:水洗いで顔についたホコリ等を落とす

■ポイント:冷水は肌への負担が大きいため、できればぬるま湯にすること

STEP2. 泡立て:洗顔料を泡立てる

■ポイント:
・最初は手で泡立てるのが面倒かつ大変なので、泡立てネットを利用すること

・慣れてきたら手で泡立てること(泡立てネットは手に比べて泡が粗くなる)

⇒手で泡立てるときには、手をくの字にし、空気を含ませるようにやさしくこするのがポイント

STEP3. 泡洗い:泡を顔にのせていく

■ポイント:

・ゴシゴシと洗うのは避け、泡を顔に軽く押し付けるようにすること(これにより泡が毛穴に入り込む)

・一方で、皮脂は多いTゾーン(おでこ及び鼻筋・鼻先)は手を当てて優しく洗うこと

STEP4. 流す:泡を洗い流す

■ポイント:

・ここでもゴシゴシは避けて、すくった水を顔に軽くあてるイメージにすること

・少ない回数で流し切ろうとせずに、何回も水をあてるほうが肌へのダメージが少なくなる


泡立て洗顔のおすすめ製品

ここまで泡立て洗顔のメリットや方法を解説してきましたが、朝時間がなくそんな丁寧には出来ないという方もいるだろう。

そうした方におすすめなのが、泡で出てくるタイプの洗顔料だ。

プッシュすると最初から泡状態なので、ストレスフリーで泡洗顔が楽しめる。

(とはいえ、泡のきめ細かさは手には敵わないので、余裕があれば手での泡立てをおすすめする。)

以下では、HANDSUM+編集部おすすめの泡で出てくるタイプの洗顔料をご紹介したい。

コラージュ Dフェイシャルソープ

コラージュ Dフェイシャルソープ 150mL

コラージュ Dフェイシャルソープ 150mL:クリックでAmazon商品ページ

こちらの製品は、肌荒れや乾性に悩まされている男性におすすめの低刺激性・泡タイプの洗顔料だ。

ふんわりクリーミーな泡で、脱脂力をコントロールしながら、肌に適度なうるおいを残し、肌にやさしく洗い上げてくれるとのことだ。

また、すすぎ落ちがよく、肌に石鹸分を残すことがなく、肌のpH回復を促進させ、使用後のツッパリ感が気にならなくなるという。

実際に使用してみると、洗顔後すぐに肌がすべすべ感を感じることができる。



透明白肌 ホワイトウォッシュN

透明白肌 ホワイトウォッシュN

透明白肌 ホワイトウォッシュN:クリックでAmazon商品ページ

こちらの製品は、炭酸とヒアルロン酸のうるおう濃密泡を生み出すことができ、顔全体の血行促進マッサージを実現してくれる。

また、シミ・くすみの原因となるメラニンを含んだ角質を取り去ることができ、明るくつややかな透明肌に洗い上げてくれるとのことだ。

実際に使用してみると、肌が白くなり、もちもち感を感じることができる。



フェイスウォッシュ by 良肌研究室

良肌研究室 泡匠のフェイスウォッシュ(フォームタイプ)

良肌研究室 泡匠のフェイスウォッシュ(フォームタイプ):クリックでAmazon商品ページ

こちらの製品は、つっぱり感のない洗い上がりを実現してくれる。

多くの洗顔料は、使用後につっぱり感が残り、化粧水や美容液、乳液をしっかりなじませる必要性を感じることがある。

もちろん、本製品の洗顔後にも、適切なスキンケアを行うべきことに変わりはないが、本製品は、思わずスキンケアを省略してしまいそうになるようなさっぱり感ある仕上がりを実現してくれる。

また、洗顔料は化粧水や美容液、乳液など他のスキンケア製品とあわせて使うだろうが、製品別に特有の香りがあることが多いが、本製品はあまり香りが強くなく、どのような製品とあわせても使いやすい仕様となっている。

こだわりのスキンケアの前にしっかりと洗顔をする為には、最適な洗顔料と言えるであろう。



泡立てネットのおすすめ製品

最後に、上記、「泡立て洗顔の方法」のSTEP2にも記載したが、泡立てるのがうまくいかない人は、以下の泡立てネットなどを使用するのが良いだろう。

ホイップシャンプー

小久保 泡立てネット ふわふわの泡で髪、地肌を傷めず ホイップシャンプー 1個

小久保 泡立てネット ふわふわの泡で髪、地肌を傷めず ホイップシャンプー 1個:クリックでAmazon商品ページ

小久保工業所の「ホイップシャンプー」は、シャンプー向けの泡立てネットとのことだが、HANDSUM+編集部が使用したところ、洗顔用にも使用できたので、1つで2役という意味でも、おすすめの製品である。

泡立て洗顔初心者には、泡立て洗顔の素晴らしさを実感していただくきっかけになるし、泡立て洗顔ができているという自負がある人にとっても、泡立てに成功している基準を見直すという意味で、今一度使用していただきたい製品である。



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です