モテたいなら要注意!唇が乾燥する原因と対策




特に男性に多いといった傾向があるのですが、衣服やスタイルには気をつけていても、唇の乾燥にまでは気を配らずにずっとガサガサした状態で放置しているような方がいらっしゃいます。

異性とキスをする際に嫌がられてしま要因になりえますので、冬場などには特に注意すべきポイントだと言えるのです。

肌を初めとした人体の乾燥には年齢や性別はあまり関係ありません。

身体に油分が多い10代の若い男子でも、モテたいなら十分に気をつけておいたほうがいいことを記憶しておいてください。

そもそも唇が乾燥する原因は、角質層がとても薄く繊細であるために、冬場の空気の影響を強く受けやすいからだと言われています。

手の平などに比べて皮脂腺や汗腺がないため、肌の潤いが保ちにくく水分が不足しやすく部位であることが原因なのです。

これがカサカサした状態に繋がってしまう要因ですので、明らかに空気が乾燥している状態や寒さを凌ぐためにずっと暖房器具を点けているような状態が続いているようなら、何らかの対策をとることが好ましいとされています。

具体的に言えばリップクリームを使う、加湿器を使うなどといった対処法が挙げられますので参考にするといいでしょう。

市販のリップクリームやリップパック、加湿器や濡れタオルなどを使った空気中の水分増強対策を講じても荒れた状態が治らないようなら、病院の皮膚科に行ってみるというのも正しい選択だと言えます。

空気中の水分量に関係なくストレスなどが唇の荒れの原因になっているようなら、病院で処方してもらえる薬で対処をしたほうが早く回復するケースが多いからです。

まずは自分で簡単で出来る治療法を試してみて、それでも治らなかったら医療機関に頼るといった意識を持っておいたほうがいいでしょう。

極端な寒がりなので冬場はずっと時間に関係なく石油ファンヒーターを使い続けている、水分は小まめにとっているものの唇のケアなどは普段ほとんど行っていないという一人として、個人で出来る唇の乾燥対策が本当に効果があるのかを実体験から紹介させてもらうなら、100円ショップで売っているような品質があまり良くないリップクリームでも確かな効果があると断言できます。

あくまでも一個人の例なので全ての人に当てはまるとは言えませんが、空気が乾燥していることが原因で唇が荒れている健康な方なら、100円ショップやドラッグストアなどで安値で販売されているリップクリームだけで十分な治療が出来ると言えるでしょう。

放置しておくと切れて血が出てしまいますし、食事の際に痛みが発生するなどの生活面での問題が生じてまうこともありますので是非気をつけてください。

個人的には実行していませんが、マスクで口の周りを保湿することも効果的だとされていますので、リップクリームやリップパックの効力だけでは弱いと感じているような方にはマスクの併用をおすすめします。

安物でもそれなりの保温効果があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です