品のあるウェット感を!阪本高生堂のクールグリースG




本記事では、1953年創業の理容品メーカーである阪本高生堂が展開する、「クールグリースG」をご紹介する。

ここ数年で支持層を増やしているスタイリング剤が、ヘアグリースである。

潤滑剤のようにトロっとした半固形であるヘアグリースは、ウェット感やツヤ感を演出できることから、タイトで無骨なヘアスタイルのワイルドな男性から、清潔感を大切にするイケているビジネスマンまで幅広い層から愛用されている。

人気の上昇と共に、店頭に並ぶ製品数も増加しており、ヘアグリースを試してみたいが、どれを選べば良いか分からないという男性も多いのではないだろうか。

そこで本記事では、数あるグリースの中で、品のあるウェット感に定評がある「クールグリースG」について、HANDSUM+編集部の男性スタッフが、実際に使用した感想もあわせて、本製品の魅力をお伝えしたい。



ご紹介製品:クールグリースG | 阪本高生堂

阪本高生堂 クールグリース G 210g ライムの香り
阪本高生堂 クールグリース G 210g ライムの香り:クリックでAmazon商品ページ

概要

製品名クールグリースG
タイプ整髪料
メーカー阪本高生堂
価格1,500円
内容量210g
1g当たり価格約7.1g
特徴①品のあるツヤ感、②柔らかい質感

製品カテゴリ・使用シーン

今回ご紹介するのは、阪本高生堂が展開するクールグリースシリーズの中でも、シリーズの代名詞とも言える「クールグリースG」だ。

グリースの最大の特徴はツヤ感だが、製品によって、そのツヤ感は様々である。

安っぽい光沢で、テカテカとしたツヤ感となってしまうグリースがある中で、「クールグリースG」は、品のあるツヤ感に定評があるヘアグリースとなっている。



おすすめポイント・特徴

①品のあるツヤ感

「クールグリースG」の最大の魅力は、品のあるツヤ感である。

グリースを使うからには、ツヤ感によって、大人っぽさやセクシーさを演出したいものだが、製品によっては、どうしても安っぽく不自然なツヤ感になってしまうことが多々ある。

そんな中で「クールグリースG」は、ナチュラルで品のあるツヤ感なので、ツヤ感で悪目立ちしたくない、大人っぽい品のあるツヤ感を出したいという男性におすすめのグリースとなっている。

②柔らかい質感

グリースというと、七三分けを作る際に使われるだけに、グリース=強力なセット力というイメージを持っている男性も多いのではないだろうか。

セット力が強すぎると、動きのあるヘアスタイルが作れなかったりと、できるスタイリングの幅が限定されてしまうため、敬遠してる男性も多いようだ。

「クールグリースG」は、そんなイメージとは違い、柔らかい質感となっているため、幅広いスタイリングに使用することができる。

また、柔らかい質感であるが故に、スタイリング時の指通りが良く、素早くセットすることができるのも嬉しいポイントである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です