頭皮の乾燥が原因!?男性に必要なフケ予防




電車に乗ると、目の前の人のコートやスーツの首元にパラパラとしたフケがついている、という光景を見たことがあるという人も多いのではないだろうか。

自分では清潔にしているつもりでもフケが出てきてしまうこともあるが、パラパラとしたフケは他人に不潔だという印象を与えてしまうため、しっかりと予防して置きたいものである。

そこで、本記事では、フケの原因と予防をご紹介する。

フケの原因とは?

パラパラした乾性フケは、乾燥して剥がれ落ちた角質である。

頭皮の皮脂が不足すると、頭皮は水分を保つことができなくなる。

その結果、頭皮が乾燥してしまい、角質の結合力が弱まるので、小さい細かいフケが発生することになるのだ。

つまり、フケは頭皮が乾燥することによって起こるのである。

その原因としては、空気の乾燥、ストレスや不規則な生活、病気などの内的な要因、またシャンプーやカラーリングによる頭皮の肌荒れなど、さまざまな要因があるが以下で細かくみていきたい。



1. 季節的要因

頭皮に一番良いのは湿度が60~65%程度であるが冬の時期であれば60%を下回ることがほとんどであり、部屋で暖房をつければさらに湿度は下がるので頭皮を乾燥させ、フケが出る原因となる。

2.栄養不足

脂肪の多いものばかり食べたり、野菜を極端に取らないなどの生活をしていると頭皮に栄養が行かなくなり、免疫が落ちてしまうと乾燥の原因となってしまう。

3.頭皮への刺激

ヘアカラーやパーマなどで過度な刺激を頭皮に与えると大きな負担を頭皮にかけることになりダメージを与えてしまう。

4.ストレスや不規則な生活

頭皮も体の一部である為、ストレスや不規則な生活による体調の悪化は頭皮にも悪影響を与えてしまい、髪の生え変わりや頭皮の環境にも大きな影響を与える。

5.過度なシャンプー

シャンプーを朝と夜、さらに運動後も欠かさないという方に注意なのはシャンプーのやりすぎである。

一見清潔にしているようだが、刺激の強いシャンプーや過度なシャンプーにより頭皮に必要な皮脂まで除去してしまい乾燥させてしまう。



フケ予防に効果的な対策

フケを予防する頭皮ケアに必要なのは、「髪の洗い方」「シャンプーの見直し」「保湿」が重要になってくる。

髪の洗い方

現在、フケが気になっていて一日に何度も洗髪するという方はすぐにやめていただきたい。

頭皮に必要な油分や水分を過度に取り除くことで皮脂の過剰分泌や悪臭の元にもなってしまう。

洗髪の際は髪をよくすすいでからシャンプーを行い、爪を立てたり、力を入れず、指の腹で軽くもむように洗い、頭皮に強い刺激を与えないようにすることが重要である。

 シャンプーの見直し

頭皮の皮脂を落としてしまう石油系界面活性剤入りシャンプーを使うと、頭皮の乾燥につながりフケの生成に繋がってしまうため、シャンプーの成分に「ラウリル硫酸(ナトリウム)」と書いてある製品は避けるべきである。

マイルドな洗浄力のアミノ酸系シャンプーに変えると頭皮への強い刺激が和らぎ、フケが収まる可能性が高まる。

保湿

ドライヤーで乾かした後に、頭皮用のローションや保湿液を塗って頭皮をケアすることで頭皮の保湿につながる。

毎日の習慣として行うと効果的で、お風呂に入り、髪を清潔にした後、保湿ケアをすることで頭皮の乾燥を防ぐことができる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です