飲み過ぎ注意!?コーヒーと白髪の関係




本記事では、コーヒーと白髪の関係についてご紹介する。

仕事や私生活が忙しい男性読者の皆さんの中には、コーヒーは手放せないという方も多いのではないだろうか。

また、こだわりの強い方であれば、自身で豆選びから、挽き方、淹れ方までこだわっているというコーヒー好きの男性も多いだろう。

そんな多くの男性にとって、重要なポジションを確立しているコーヒーだが、実は白髪にも大きな影響を与えることが分かっている。

そこで本記事では、コーヒーと白髪の関係についてご紹介する。

飲み過ぎると白髪が増える

現在では、大手チェーン店や地元密着型のカフェ、コンビニなど、多種多様なお店がコーヒーを提供してる。

また、コーヒー好きの男性の中には、お店で豆を買って自宅でコーヒーを淹れるという男性も多いではないだろうか。

そんなコーヒーは、適量であれば様々な効用があるが、適量を超えて飲み過ぎてしまうと、身体に支障を及ぼしてしまう可能性がある。

その一つが「白髪」であり、コーヒーを飲み過ぎてしまうと、白髪が増えてしまうのだ。

以下では、コーヒーを飲み過ぎると白髪が増える理由についてご紹介する。



飲み過ぎると白髪が増える理由

理由①:カフェインによる血管の収縮

コーヒーを飲み過ぎると白髪が増える理由の一つが、成分内に最も多く含有されているカフェインの存在だ。

カフェインを摂取すると、交感神経の活動が活発になり、集中力の向上などに役立つ一方、体内に張り巡らされている血管が収縮してしまう。

身体と共に頭部に張り巡らされている血管が収縮することで、髪の毛を生成するために根本的な役割を果たしている毛母細胞に対して、血液と栄養素が行き届かなくなってしまうのだ。

その結果、髪の毛の色素が失われ、白髪になってしまう可能性があるのだ。



理由②:中性脂肪による血管の収縮

コーヒーは、それ単体ではカロリーがなく、また脂肪燃焼効果も認められているため、運動前に飲むことで効果的に脂肪燃焼が行えるという特徴もある。

一方で、コーヒーには脂質(中性脂肪)が比較的多く含有されている。

中性脂肪が体内で増えると腸内環境が悪くなったり、頭部に張り巡らされている血管がダメージを受けるため、交感神経の活動が活発化するのと同様に、毛母細胞に対して血液と栄養素が行き届かなり、白髪が増えてしまうのだ。

理由③:過酸化水素による老化・劣化の促進

コーヒー豆には、元来過酸化水素が含有されていないのにも関わらず、焙煎を終えた豆を検査したところ、過酸化水素が存在するということが、アメリカで行われた研究により判明した。

さらに、本来的には存在しないのにも関わらず、焙煎を行った事で発生した過酸化水素は、粉状にしてコーヒーとして淹れると、尚一層増加する事も判明している。

身体に過酸化水素が入ると、別の細胞内で他の原子と結びつき、安定化を図ろうとするため、その際に多くの細胞が破壊されてしまうのだ。

その結果、体内の各所で老化や劣化が顕著になり、白髪が増えてしまうようだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です