知っておくべき香水の基礎~香水を付けるタイミングとは~




男性の皆さんは、あまり意識されていないかもしれないが、実は香水は身体につけてからグラデーションのように香りが変化していくものなのだ。

今回は、このような香りの変化のメカニズムを紹介した上で、最終的には「目当てとする相手・シーンに香りのピークをもってくるには、いつ香水をつければよいか」をご紹介したい。

①香り立ちの変化が起きる理由

過去記事でご紹介したように、香水とはアルコールに様々な香料を溶かした溶液である。

一見すると、香水は一つの液体に見えるが、実際には分子が結合しているわけではないので、揮発性の高い香料から徐々に空気中に漂うことになる。

このように、各香料の揮発性が異なることから、タイミングにズレが生じ、香りのグラデーションが発生する。

一つトリビアをご紹介すると、揮発性でいうと香料より先に香水に含まれるエタノールが揮発することになる。

エタノールは薬品系の匂いで、人によっては苦手な部類に入る。

お店で香水を試す際に、匂い紙に香水を吹き付けた上で、2~3回振るのをよく見るが、あれはエタノールを揮発させ香水本来の香りをチェックするための動作なのだ。


②香り立ちのステップ

香り立ちの変化は下記3つのステップに分かれる。

もっとも、これは便宜上の区分けであり、実際には香水の香りは揮発性の違いから、グラデーションのように徐々に変化していく。

  • トップノート : 香水をつけてから最初の10分。香水の第1印象・顔といってもいい部分。
  • ミドルノート : 10分~3時間程度。香水の中心・ボディといえる香り。
  • ラストノート : ~12時間程度。香水の残り香。

トップノート

トップノートは、香水をつけた瞬間の香りだ。

揮発性の高い香料による、華やかな香りですが、残念ながら長時間持続することはない。

とはいえ、その香水の最初の印象を決める香りでまさに「顔」といってもいいもの。

店頭では多くの人がトップノートの印象で香水の購買を決めるため、マーケティング的に重要な要素を持っており、各ブランドが力を入れる部分だ。



ミドルノート

トップノートの次に訪れる、その香水の中心・ボディ部分と言える香りだ。

持続時間のほとんどを占め、実際にはあなたがその香水をつけた場合、周囲の人に届くのはこの香りということになる。

トップノートより、揮発性が低く、穏やかな香料であることが多い。

ラストノート

ラストノートは香水の残り香・余韻と言われる香りだ。

香水によっては、ミドルノートからの変化がわかりづらい場合もある。

③香水をつけるベストなタイミング

最後に、香水をつけるベストなタイミングをご紹介する。

先に書いたように実際には香水の香りの根幹は「ミドルノート」である。

またこのミドルノートは、香りはじめが最も安定感があると言われている。

ミドルノートはトップノートが終わる頃(香水をつけてから約10分後)から香り始めるので、もしデート等で最高の香りを届けたいのであれば、「お相手に会う10分前」くらいにつけるのがベストになる。

小分けのアトマイザー等におすすめの香水をいれておき、待ち合わせ前に軽くシュッと一吹きするのが最もスマートだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です