冬は夏より注意!?冬の方が汗が臭い理由




気温が下がり、夏に比べて汗をかく機会が減ったことで、自身の体臭を気にしなくなった男性も多いのではないだろうか。

しかし、本人が気づいていないだけで、実は冬こそ臭いのケアが必要な季節なのである。

本記事では、夏に比べて冬の方が汗臭くなってしまう理由についてご紹介する。

必ずしも冬の方が汗が臭くなるわけではないが、多くの人が油断してしまう季節なだけに、ぜひ本記事を参考に、対策していただきたい。

冬の方が汗臭い理由

1.汗腺の機能低下と老廃物の排出機会の減少

本来、汗はほぼ無臭であると言われている。(実際は、皮脂や垢と混ざり、時間の経過と共に、悪臭を発するようになる)

そのため、汗をかくことがすぐに体臭に繋がるわけではない。

しかし冬の場合は、汗をかく機会が減少することで、汗腺の機能が落ちてしまうことに加え、老廃物の排出機会も減少しているため、一度の汗で老廃物を多く含んだ汗を分泌してしまうのだ。

この汗が体臭の原因になってしまうようだ。

2.重ね着による通気性の悪化

冬は気温が下がるため、夏よりも厚着になる。

衣類の重ね着によって、汗や汗による臭いが衣類内にこもってしまい、悪臭の原因になってしまうようだ。

こもっていた臭いは、コートなどを脱いだ際に、一気に放出され、周囲に生臭い臭いを発してしまう。



冬の汗の臭いの対策は?

1.適度な運動

上記のように、冬の汗が臭くなってしまう理由の一つが、「汗腺の機能低下と老廃物の排出機会の減少」である。

そのため、適度に運動し、汗をかく機会を増やすことが大切になる。

適度に運動し、しっかり汗をかくことで、汗腺機能の維持と、定期的な老廃物の排出ができるため、体臭の原因になりうる臭い汗を減らすことができるのだ。

2.バランスの取れた食事

冬の臭い汗を加速させてしまうのは、偏った食事や暴飲暴食である。

バランスの取れた食事は、一年間通して意識することが望ましいが、汗の臭いが臭くなってしまう冬こそ、特に意識すべきだ。

ジャンクフードや、肉中心や油の多い食事、大量アルコールなどは、冬の臭い汗を加速させてしまうので、是非意識してセーブいただきたい。



3.香水で良い香りに変える

適度なを運動して、バランスの取れた食事を心掛けていても、完全に汗の臭いが防げるわけではない。

そんな時に、ぜひ活用したいのが、香水である。

香水を使用する場合は、体臭を防げるだけでなく、自身の目指す雰囲気を演出することもできる。

そのため、体臭を消すという”守り”だけでなく、魅力的な雰囲気を演出するという”攻め”も可能となるのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です