メンズにおすすめ!バレードのジプシーウォーター




今回は、今メンズに大人気の香水ブランド、バレードの「ジプシーウォーター」をご紹介する。

男性の皆さんは、バレードをご存知だろうか。
バレードは、2006年に、インド人の母とカナダ人の父を両親に持つベン・ゴーラムによって、スウェーデンで創設されたフレグランスブランドである。

独自の世界観を持ったアーティスティックな香りで、日本でも人気を集めている。
原料はすべて厳選された上質なものを使い、コレクションはすべてスウェーデンで生産されている。

バレードの香水の魅力は、その個性的な香りである。
その個性は、他のフレグランスメゾンでは使わないような調合により生み出されたものだ。

東京では伊勢丹メンズ館や、六本木ヒルズのエストネーション、有楽町の伊勢丹サローネなどで取り扱いがある。

今回は、そんなバレードの中から、メンズ香水の「ジプシーウォーター」をご紹介する。



紹介製品:ジプシーウォーター | バレード

バレード ジプシー ウォーター EDP SP 50ml[並行輸入品]
バレード ジプシー ウォーター EDP SP 50ml[並行輸入品]  :クリックでAmazon商品ページ

概要

製品名ジプシーウォーター
タイプ香水
メーカーバレード
内容量150ml
価格(税込)15,120円
1ml当たり価格約101円
特徴①ヴァニラとウッディの絶妙なバランス、②落ち着きのあるインセンス系の香り

製品カテゴリ・使用シーン

ジプシーウォーターの「ジプシー」が意味するのは、北方インドからヨーロッパに移住したロマニー遊牧民のことだ。

彼らの自然に根差した豊かな生き方を表現したのが、ジプシーウォーターの香りだ。

ロマンティックな希望と感性、ジプシーの生活によりそう新鮮な土や深い森、たき火の匂い、自由な精神と自然と共存するスピリットを感じさせる香りに仕上がっている。



おすすめポイント・特徴

①ヴァニラとウッディの絶妙なバランス

ジプシーウォーターにはベルガモット、ジュニパーベリー、レモン、コショウ、香、オリス、松の針、アンバー、サンダルウッドなどが含まれている。

大別すれば「ジプシーウォーター」は、土・森・火といった自然の印象を強くもつウッディ系の香水だ。

ただし、他のウッディ系の香水と異なる印象を抱かせるのが、ヴァニラとウッディの絶妙なバランスだ。

ウッドを基調としたぬくもりのある香りの後に、ヴァニラの芳醇な甘さが広がる。この余韻が世の男性を虜にしているのだ。

②落ち着きのあるインセンス系の香り

ジプシーウォーターは特にインセンス(お香)系の香りが好きなメンズにもおすすめしたい。

ジプシーウォーターに使用されているウッディ系のノートが、まるで木を燻したような、もしくは葉巻とでもいうようなスモーキーな香りを醸し出す。

前述のヴァニラの印象も強いが、それだけではなくジプシーたちがたき火を囲っているような、森の中で夜にキャンプをしているような深い香りも持ち合わせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です