香水をつけるのは常識!?男性が香水をつけるべき3つの理由




本記事では、男性が香水をつけるべき理由についてご紹介する。

男性の皆さんは、日々香水をつけているだろうか。

実態としては、まだまだ日々香水をつけていない男性が多く、その理由として「ナルシストっぽい」などの理由が多く挙がっているようだ。

一方、女性に聞くと、「男性にも香水をつけて欲しい」「男性も香水をつけるべき」という意見が散見される。

一部のお洒落メンズの中では、男性が香水をつけるというのはもはや常識のようだ。

そこで、本記事では、男性が香水をつけるべき理由についてご紹介する。

1.香水をつけることで体臭の発生防止になる

どんなに身体を清潔に保ち、ニオイのケアをしていても、日々生活している限り、大なり小なり体臭は発生してしまう。

体臭は、時間が経つにつれて汗が皮脂と混ざり合い、さらにその汗や皮脂を細菌が代謝・分解したり、空気中の酸素による酸化によってニオイが発生してしまうのだ。

そのため、朝は体臭がなくても、夕方以降になると体臭が発生してしまうという男性が多いようだ。

体臭自体は本人は気付き難いため、仕事終わりにそのままデートに行ってしまうと、漏れなく「クサい男」に認定されてしまう。



2.香水をつけることで自信のある振る舞いに繋がる

上記の通り、どんなに身体を清潔に保つことを意識している人でも、時間の経過に伴って、体臭が発生してしまうリスクがある。

そんな中で、自分の近くに人が来てしまうと、「もしかしたら臭いと思われているかもしれない」という心配が生まれてしまう。

そうした心配が、結果として自信のない振る舞いに繋がってしまうのだ。

逆に、香水をつけて自分が「良い香りである」という自覚ができると、自信のある振る舞いに繋がるのである。



3.香水を使いこなすことでなりたい自分を演出できる

ヘアスタイルを変えることで、視覚からなりたい自分を演出することができる。

同様に、香水をつけることで、嗅覚からなりたい自分を演出できる。

日本で初めてフレグランスメーカーとして立ち上げられたメーカー「セントネーションズ」の石坂氏は、初対面は「清潔感のある香り」、仲を深めて特別な関係になるステップでは「少し甘い香り」、特別な関係になり愛を深めていくステップでは、「ウッディ系の香り」をつけることを提案している。

フレグランス業界の“異端児”石坂将氏が「語る」シリーズ第2回~「モテる」香水の条件~

このように、演出したい自分に合わせて香水を使い分けることで、モテ度を大きく引き上げることができるのだ。

以下のまとめ記事も参考にしながら、ご自身にあった香水を選んでいただきたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です